貯金しながら他人よりお金を幸せに使う方法

「地位財」という言葉を知っていますか?

ここからは競馬の話だ。新春恒例のレース、金杯(中山競馬場、京都競馬場の双方で開催される)を気持ちよく勝って1年をスタートしたい。中山金杯(6日中山競馬場11R、G3)のほうを予想しよう。

厳冬期なので例年超一流どころは出走しないが、今年は4歳を中心にまずまずのメンバーが揃った。中山の距離2000mのレースだから、2017年末に行われた2歳馬対象の新G1、ホープフルステークス(勝ち馬はタイムフライヤー、勝ち時計は2分1秒4、上がり35秒5)とのレベル比較ができる点でも注目したい。今年のメンバーなら2分を切るタイムが期待できるのではないか。

中山金杯の「頭」はセダブリランテスで堅そうだ

頭は、セダブリランテス(牡・4歳)でかなり堅いのではないか。前走で、4走目にして初めて土が着いたが、世代トップクラスの実力馬スワーヴリチャードに、同馬得意の府中コースで3着に負けたもので、休み明けでもあった。実力は十分示した。しかも、前走敗れたことで、ハンデが55キロに抑えられた。中山金杯は重ハンデ馬の活躍が目立つレースだが、ハンデは軽いに越したことはない。

冬の中山に強いステイゴールド産駒のウインブライトが対抗だ。スプリングSを勝っており、中山コースの適性も示している。

4歳世代では、同コース・距離の弥生賞勝ちがあるカデナが気になるが、この弥生賞はレース・レベルが高くなかったし、近走がいずれも冴えないので見送る。すでに8歳になりこの時期に走るのはご苦労なことだが、4歳2頭が、先行するマイネルミラノを捉える展開を中心に考えて、追い込みのデニムアンドルビーを単穴に抜擢する。

前残りの展開でのマイネルミラノ、56キログラムにハンデがとどまったブラックバゴが押さえだ。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT