アメリカ南東部を襲う「異例寒波」の深刻度

フロリダでは30年ぶりの降雪を記録

 1月3日、米南東部が異例の寒波に見舞われ、フロリダ州では約30年ぶりの降雪で交通に乱れが生じている。北東部ニューイングランド地方でも低気圧の急発達により4日に大雪が警戒されている。写真はマサチューセッツ州ボストンのローガン空港で撮影(2018年 ロイター/Brian Snyder)

[チャールストン(米サウスカロライナ州)/ボストン 3日 ロイター] - 米南東部が異例の寒波に見舞われ、フロリダ州では約30年ぶりの降雪で交通に乱れが生じている。北東部ニューイングランド地方でも低気圧の急発達により4日に大雪が警戒されている。

フロリダ、ジョージア、バージニア、ノースカロライナ各州の知事は非常事態を宣言、住民に注意を呼び掛けている。

ヒューストンで9人死亡

テキサス州ヒューストンではこの寒波で、過去数日間にホームレス2人を含む少なくとも9人が死亡した。

米国立気象局は、バージニア州からメーン州にかけて暴風雪警報を発令。ボストン周辺の地域では4日に30センチの積雪が予想されている。

マサチューセッツ工科大学の客員研究員、ジューダ・コーエン氏は「今回の低気圧はカテゴリー1か2のハリケーンに匹敵する可能性がある」との見方を示した。

関連記事
トピックボードAD
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。