アメリカ南東部を襲う「異例寒波」の深刻度

フロリダでは30年ぶりの降雪を記録

 1月3日、米南東部が異例の寒波に見舞われ、フロリダ州では約30年ぶりの降雪で交通に乱れが生じている。北東部ニューイングランド地方でも低気圧の急発達により4日に大雪が警戒されている。写真はマサチューセッツ州ボストンのローガン空港で撮影(2018年 ロイター/Brian Snyder)

[チャールストン(米サウスカロライナ州)/ボストン 3日 ロイター] - 米南東部が異例の寒波に見舞われ、フロリダ州では約30年ぶりの降雪で交通に乱れが生じている。北東部ニューイングランド地方でも低気圧の急発達により4日に大雪が警戒されている。

フロリダ、ジョージア、バージニア、ノースカロライナ各州の知事は非常事態を宣言、住民に注意を呼び掛けている。

ヒューストンで9人死亡

テキサス州ヒューストンではこの寒波で、過去数日間にホームレス2人を含む少なくとも9人が死亡した。

米国立気象局は、バージニア州からメーン州にかけて暴風雪警報を発令。ボストン周辺の地域では4日に30センチの積雪が予想されている。

マサチューセッツ工科大学の客員研究員、ジューダ・コーエン氏は「今回の低気圧はカテゴリー1か2のハリケーンに匹敵する可能性がある」との見方を示した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 性暴力サバイバーの明日
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
誤算に次ぐ誤算のブレグジット<br>日系企業への影響は?

英国議会はメイ首相とEUが合意した離脱協定案を否決。今後、離脱の延期をEUに求めるが、延期が実現しても問題はその後。離脱撤回からソフトブレグジットまで、いずれの道も長い困難が続く。対応を急ぐ日系大手企業への影響もまとめた。