日本人が知りたい地震の疑問66 島村英紀 著

日本人が知りたい地震の疑問66 島村英紀 著

編集部の「地震についてのアンケート」に寄せられた5000通もの回答をもとに、なぜ地震は起きるのかといった基本的なメカニズムから、地震とマグニチュードの違いや地震速報への対応法といった素朴な疑問66に答える。

地球物理学者で前国立極地研究所所長の著者によれば地震予知は今の科学では不可能で、地震後に報告されるさまざまな「前兆」情報は心理学でいう錯誤相関にすぎない。地震国といわれる日本にとって大切なのは、地震が来ても大きな被害を出さないこと。地震被害は人間の知恵と工夫で避けられるもので、地震について正しく知り正しく恐れることが、地震から身や家財を守る術につながると「知識の備え」を問いかける。

サイエンス・アイ新書 1000円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「日本の外交」超入門
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。