日本人が知りたい地震の疑問66 島村英紀 著

日本人が知りたい地震の疑問66 島村英紀 著

編集部の「地震についてのアンケート」に寄せられた5000通もの回答をもとに、なぜ地震は起きるのかといった基本的なメカニズムから、地震とマグニチュードの違いや地震速報への対応法といった素朴な疑問66に答える。

地球物理学者で前国立極地研究所所長の著者によれば地震予知は今の科学では不可能で、地震後に報告されるさまざまな「前兆」情報は心理学でいう錯誤相関にすぎない。地震国といわれる日本にとって大切なのは、地震が来ても大きな被害を出さないこと。地震被害は人間の知恵と工夫で避けられるもので、地震について正しく知り正しく恐れることが、地震から身や家財を守る術につながると「知識の備え」を問いかける。

サイエンス・アイ新書 1000円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。