キュウリを買いに来た客にスイカを売る方法

敏腕おかみに学ぶ営業の極意

キュウリを買いに行ったはずが…(写真:nashi / PIXTA)

「売らなきゃ! 今月のノルマが達成できない」「この契約、成立させないと、今期の売上目標が……」。焦れば焦るほど、セールストークも空回り。

人気DJの秀島史香さんは、職業柄、「うまい!」「やられた!」というトークにアンテナを張って、自身のトークの参考にしたり、ネタにしたりもしていると言います。秀島さんが20年間のDJ経験の中で培ったコミュニケーション術を明かした自著『いい空気を一瞬でつくる 誰とでも会話がはずむ42の法則』の中から、営業に使えるトーク術を紹介します。

コミュニケーションの達人

当記事は、AERA dot.の提供記事です

トークの中でも、一般的にあまり歓迎されない「セールストーク」。店員さんに話しかけられるのが苦手、という方も多いのではないでしょうか。ところが、普段は苦手だけど、なぜだかこの店員さんとは心地良く話せるということもあります。心地良い人と苦手に感じる人。どこが違うのでしょう。

梅雨が明けきらないころのことです。友人たちととりとめもない世間話をしていたら、ひとりがこんなことを言い出しました。「このあいだ、キュウリを買いに行ったんだけど、気づいたらスイカを買ってたの」。たしかに同じウリ科ですけれども……。

彼女いわく、そこは小さな八百屋さんで、店先に並べられた野菜を見ていたらお店のおかみさんに笑顔で話しかけられたのだそうです。「スイカどう? おいしいよ~」と。初めは断ったといいます。「今日はキュウリを買いに来たので。スイカはまた今度にします」

「キュウリもいいけど、今出てるのはね、はしりのスイカ」

「へえ」(よそ見しながら)

「スイカは8月に食べるより、今食べるほうがおいしいのよ」

「へえー」(ちょっと興味が湧いてきた)

「今がいちばん甘いからね。カリウムも豊富で、むくみにも効くよお」

「へえー!」(身を乗り出す)

次ページスイカを食べてみたくなった
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT