就活生必見!「年末年始にすべき」4つのこと

夏は「受験の天王山」、冬は「就活の天王山」

年が明ければいよいよ本格化する就活。冬休みという「天王山」の過ごし方を解説します(画像:msv / PIXTA)
年末・年始は企業のリクルート活動もいったん休止し、就活生もほっと一息つけるタイミングだ。
しかし、リクルートで1000社を超える企業への採用活動支援、1部上場企業の採用責任者、1000人を超える学生への就活支援をした実績を基に『新卒採用基準――面接官はここを見ている』を上梓した廣瀬泰幸氏は、「年末年始こそ『就活の天王山』です」と語る。どういうことか、就活生の「あるべき年末年始の過ごし方」を解説してもらった。

年末年始は再スタートを切るための大切な時期

実質的に2019卒の就活がスタートしてから早、半年がすぎようとしています。

この時期の学生は、大きく3分類されています。夏や秋のインターンシップに参加し、すでにある程度の手ごたえを感じている人。逆に思ったようにいかなかった人。部活やバイトに専念するあまり、インターンそのものにほとんど参加しなかった人です。

就活の終わり、すなわち多くの学生が自分のファースト・キャリアを最終的に決定するタイミングまで、あと半年です。残りの半年間に悔いのない就活を行うためには、いったん立ち止まってこれまでの振り返りを行い、新しい決意を固め、計画を立案することが欠かせません。まとまった時間のとれる年末年始は、その絶好の機会です。

大学受験では、そのおよそ半年前の「夏休み」が天王山と言われます。その意味では、就活では「冬休み」こそが天王山だと言えるのです。

そこで本コラムでは、「年末年始にすべき4つのこと」についてお伝えします。

次ページPDCAは就活でも仕事でも必須
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。