「起業家的な働き方」をできない人たちの末路

従来型の「雇われ仕事」は消滅してしまう

高学歴者の給料が低下する理由は、全産業で仕事がコモディティ化していることと関係がある。つまり、差別化できる特性がなくなってきているのだ。

では、どうすれば、自らの仕事を他と差別化し、高付加価値をつけることができるのだろうか。

クネビン・フレームワークで分析すると?

クネビン・フレームワークは、ある状況について臨機応変に対処するために使われる手法。仕事に直面する問題を、4タイプに分別して適切な意思決定に導くものだ。

「単純系(Simple)」⇒原因と結果の因果関係が明らか。解決のベストプラクティスが適用しやすい。(例)テーブルの組み立て説明書
「煩雑系(Complicated)」⇒原因と結果の因果関係を把握するために分析と調査が必要。解決には専門知識が必要。(例)学校、既存の会社で学ぶ専門知識
「複合系(Complex)」⇒原因と結果の因果関係は入り組んでいる。学校で学んだ知識だけでは、対処法は不明。新しい解決策を試み、何度も軌道修正が必要。(例)起業家が頻繁に直面する差し迫った状況
「混沌系(Chaotic)」⇒原因と結果に因果関係がない。右も左もわからない状況で生き残る方法を探らなければならない。(例)起業家が直面する最も困難な状況
※複合系、混沌系の修羅場を切り抜ける方法は、学校や既存の会社では教えてくれない。
次ページ20世紀は「単純系」と「煩雑系」の時代だった
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。