「ビットコイン=夢の通貨」は日本人の幻想だ

犯罪や規制の抜け穴として使われている

木本:それで、パソコンが壊れたり、スマホを紛失してしまったら、それは、財布を落としたのと同じことにはならないですか。

中島:ウォレットを管理するための秘密のコードがわからなくなったら、ビットコインは永遠になくなってしまいます。

木本:あー、その数字が並んだコードが命なんですね。

なくすのが怖いからと紙に印刷して持っていても…

『アフター・ビットコイン: 仮想通貨とブロックチェーンの次なる覇者』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

中島:怖いから紙に打ち出して持っている人がいますが、もしもその紙を失くして数字がわからなくなると、自分のものではなくなってしまいます。

木本:紙に印刷して、なおかつ写メを撮っておかないと大変なことになりますね。

中島:そのとおりです。ビットコインの入手には3つの方法があって、1つは、仮想通貨の取引所で円と交換して買う。2つ目に、お店が商品やサービスの対価として受け取る。3つ目が採掘する。あとで詳しくお話ししますが、これは、複雑な計算に成功すると受け取ることができます。

(構成:高杉公秀)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。