「ビットコイン=夢の通貨」は日本人の幻想だ

犯罪や規制の抜け穴として使われている

中島:そして「BTC」という独自の通貨単位がある。このため、法定通貨(円、ドルなど)との間に交換レートがあります。小数点以下でも取引をすることができ、最少単位は0.00000001BTCという小数第8位まであって、それを1Satoshi(サトシ)と呼んでいます。

木本武宏(きもと たけひろ)/タレント。1971年大阪府生まれ。1990年木下隆行とお笑いコンビTKOを結成しツッコミを担当。2006年、東京へ本格的進出。S−1バトル優勝、キングオブコント総合3位などの受賞歴がある。現在は、ドラマやバラエティなどピンでも活躍中。2018年1月より関西テレビにて「TKO木本のイチ推しカンパニー」(毎週土曜 朝5:50~)がスタート(撮影:尾形文繁)

それから発行主体がなくて、誰の負債でもないというのが不思議な点です。ふつう通貨は、中央銀行が発行主体となって、中央銀行の負債として発行されていますので。あとは、「プルーフオブワーク」(PoW)という難しい計算があって、それに成功した人には報酬が与えられます。

木本:POSというのもありますもんね、先生の本を含めて、実は僕、読みまくっているんで。

中島:POS、つまり「パワーオブステークス」は、ビットコインで使われているPoWとは別のものです。よくご存じですね。

それから、取引の確定までに時間がかかり、10分ごとに新しいブロックが作成されます。発行上限が定められており、それが2100万ビットコイン。サトシ・ナカモトさんとしては、どんどん発行されるとインフレになって、通貨の価値が落ちてしまうので、それを嫌ってそうしたようです。

木本:金やダイヤモンドに例えられる部分ですね。

リバタリアンの理想がビットコイン

中島:供給に限界があるという意味では、そのとおりです。で、なぜこういうものを作ったのか。発想としては誰にも管理されず、世界中に自由に送金ができるようにしたい。これは、政府や中央銀行といった管理主体から自由になりたいということであり、アメリカを中心にした「リバタリアン」「要はなんでも自由にやって規制されたくない」という人たちの発想に基づいています。

次ページ犯罪や規制の抜け穴として使われて問題に
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。