「ビットコイン=夢の通貨」は日本人の幻想だ

犯罪や規制の抜け穴として使われている

木本:僕らのような一般市民からすれば、その志に引かれますが、でも国家からすれば、なかなか面倒な存在ですね。

中島:実際に、犯罪や規制の抜け穴として使われて、問題も起きています。リバタリアンという言葉はいいんですが、ややアナーキスト的な発想、つまり「政府はいらないんだ」という思想に近い。「夢の通貨」といわれますが、バックグラウンドをみると、ちょっと物騒な思想が背景にあると思います。

秘密のコードを忘れたら永久に紛失

中島:ここまでがビットコインの特徴で、中身の話をすると、「ウォレット」という電子的な財布があり、「ビットコイン・アドレス」という口座番号のようなものもあります。アドレスは、1つのウォレットから複数が作れるようになっています。

木本:ウォレットとは、最初は何やろうと思ったんです。財布というのはわかりますが、それはどこにあるのかなと。

中島:パソコンやスマホの中ですね。取引所を使う場合には、取引所のウォレットを借りるという形になります。

木本:ウォレットを自分でパソコンの中に作ることができるということなんですか。

中島:専用のアプリをダウンロードしてきて、パソコンに入れればいいのです。

次ページスマホをなくしたら?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。