決めた年月に届く「心の手紙」が人気のワケ

「3年後の自分」「結婚記念日に夫婦互いに」

鳴門海峡が一望できる高台に建つ「花見山・心の手紙館」。シダレザクラなど花の名所で、桜の季節は多くの人でにぎわう(花見山・心の手紙館提供)

SNSやメールが全盛のいま、あえて手紙を希望する年月に送るサービスが、ひそかな人気を集めている。人は、未来に届ける手紙にどのような気持ちを託しているのだろうか。サービスを提供する徳島県鳴門市の観光施設「花見山・心の手紙館」を訪ねた。

未来への手紙

当記事は、AERA dot.の提供記事です

「母に会えたような気がしてここに来ることができて良かったです」

2016年秋、同館を訪れた男性が寄せ書き帳につづった言葉だ。亡くなった母親から届いた手紙が同館で書かれたものだと知り、訪れた。「ありがとうございます」。寄せ書きは、感謝の言葉で締めくくられていた。

「心の手紙書きました。届くのが楽しみです」

「3年後の自分へのメッセージを書きました。未来は見ていたいのに見る事は少しおそろしく感じています」

「夫の未来を願って手紙を出していただきたいと思います。受取ることができますように!」

寄せ書き帳には、来館者の思いが自由につづられている。

同館は、専用の便せんと封筒で書かれた手紙を預かり、1~5年後の書いた人が希望する月に、「心の手紙」として発送するサービスを行っている。2013年3月に始めたサービスは、メディアや口コミで話題となり、現在は、全国から多くの人が「未来への手紙」を書きに同館を訪れる。

次ページサービスを始めたきっかけ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ひとりの贅沢空間~週末に聴きたい名盤
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。