決めた年月に届く「心の手紙」が人気のワケ

「3年後の自分」「結婚記念日に夫婦互いに」

これまでに受け付けた手紙は約5000通。手紙は耐火キャビネットの中で大切に保管され、指定された年月が来たら郵送される。同館の理事でアドバイザー、中野シゲ子さんによると、毎月数十通単位で手紙を発送しているという。

「人と人との心のつながり、きずなが大切」

なぜこのようなサービスを始めたのか。きっかけは、同館の館長で不動産会社を経営する渡辺浩幸さんが、東日本大震災後の約3カ月後に参加した宮城県南三陸町でのボランティア活動だった。渡辺さんは、活動を通して「人と人との心のつながり、きずなが大切」だと感じ、「未来に届く手紙を出せたら、さらに思いやきずなが強まるのではないか」と考えたのだ。

来館者が書いた寄せ書き帳を見ながら心の手紙について話す同館支配人の岡本浩幸さん(左)とアドバイザーの中野シゲ子さん

そこで、約10年前に購入した、鳴門海峡を一望できる高台に建つ洋館に心の手紙館をオープンした。シダレザクラ約350本をはじめ、ツツジやサザンカといった季節の花々が植えられた周辺一帯は「花見山」として地元の人々に親しまれ、桜の季節には多くの人々でにぎわう。美しい景色を眺めながら、リラックスして思いをつづるのにぴったりの場所だ。

アドバイザーの中野さんによると、子どもからお年寄りまで、幅広い年齢層の人々が同館で手紙を書いていく。手紙を書く目的も、「自分あてに」「結婚記念日に着くようにしたい」「病気の友人を励ますため」などとさまざまだ。

中野さんは「赤ちゃんの足型をとって手紙に同封される方や、毎年のように来られて、お互いにあてて手紙を書き合うご夫婦もいらっしゃいます。仲むつまじくてうらやましいです」と話す。

ほほ笑ましいエピソードも多い。家族で訪れ、乗り気ではなかった父親が一番長い時間をかけて手紙を書いたり、夫婦で来て、妻が「家に持って帰って書く」と言う一方で、夫が「感謝の気持ちを一言だけ」とその場ですぐに手紙を書き上げたり、子どもが自分あてに、色鉛筆を使って上手な絵を描き、誇らしげに見せてくれたり。手紙を巡って、さまざまな人間模様が垣間見える。

次ページ泣きながら筆をしたためる人も…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 財新
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT