女子高生の「スカート」に映る不変のこだわり

たかが制服の着こなし、されど着こなし

女子高生はスカートを絶対に膝上ではきたいという「こだわり」もあります(写真:光文社提供)

制服業界は、中高入学という人生たった2回の制服購入のチャンスを逃したくないと必死なので、オリジナル制服がある学校の制服コンペには大変熱が入ります。

また、実質的には制服であっても、着用を強要しない意味で標準服と呼ばれる、中学校など義務教育期間に多い服も、その学校単独で、あるいは地域の各学校を網羅してモデルチェンジする場合があり、これもまた、コンペになるので参加各社はてんやわんや。

つまり変化がないように見える制服業界ですが、内実はなかなかに忙しいのです。

プレゼンテーションや企画書提出では、学校が設ける制服検討委員会が納得するロジックと、安心して採用できるデザインをAとBの2案、さらに追加が許されるなら少し冒険した個性的なデザインをC案として提出します。A案やB案はどこも似たようなデザインになる可能性が高いので、チャレンジするのがC案。

当たれば幸い的な位置づけです。ですから、人気の「プリーツスカート×タータンチェック」を欠かすことができず、プレゼン上、その理由もはっきりしている方が有利です。トンボ学生服も例にもれず、なぜ「プリーツスカート×タータンチェック」なのか、その謎解きに力を入れました。

デザインコンペで勝つには分析が必須

モデルチェンジのデザインコンペに勝てば、大きなビジネス(大規模校では累計で億円単位)になるため、その真意の確認にこっちは必死です。奥義を極めれば、それに沿ったデザインで優位に立てるからです。制服の路上調査とグループインタビューを始めて3年目、ようやくプリーツスカートやタータンチェックに人気が集まるわけを知ることができました。

『女子高生制服路上観察』(光文社)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

私の、制服とその着こなしを見る目には、制服メーカーのバイアスがかかっているかもしれず、オヤジ年代の偏見が入っているかもしれません。

しかし、この20年間、女子高生たちの制服に対する思いやふるまいの底にあるものを真摯に探ってきました。たかが着こなしですが、されど着こなしなのです。制服の着こなしの観察というごく狭い穴から、高校生たちの真実を、いくらか捕まえた気がしています。

なお、制服は男子生徒も着ますし、中学生や小学生も着ています。制服メーカーは全方位で研究開発していますが、制服に対するこだわりが尋常ではない女子高校生を中心に謎解きをしていきます。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
  • インフレが日本を救う
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。