政府、18年度予算で少子高齢化克服政策推進

重点政策の基本方針を決定

 12月8日、政府は、2018年度予算編成の基本方針を閣議決定した。重点政策の「人づくり革命」と「生産性革命」の推進で少子高齢化を克服するとともに、脱デフレに向けた取り組みを進める考えを示した。写真は7月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 8日 ロイター] - 政府は8日、2018年度予算編成の基本方針を閣議決定した。重点政策の「人づくり革命」と「生産性革命」の推進で少子高齢化を克服するとともに、脱デフレに向けた取り組みを進める考えを示した。来年度の当初予算は、これまでにも増して「金融政策に成長志向の財政政策を、うまく組み合わせることに留意する必要がある」とした。

予算編成に当たっての基本的考え方では、経済再生最優先の旗印のもと、経済の好循環を加速する施策を充実させる方向性を明記。一方、財政再建もおろそかにせず、基礎的財政収支(PB)黒字化目標は堅持すると重ねて強調した。

来年度は、2015年に政府が策定した「経済・財政再生計画」で定めた集中改革期間の最終年度に当たる。予算編成の際には、計画に盛り込まれた改革を着実に実施するとともに、歳出全般にわたって「聖域なき徹底した見直しを推進する」とした。

(梅川崇)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。