政府、18年度予算で少子高齢化克服政策推進

重点政策の基本方針を決定

 12月8日、政府は、2018年度予算編成の基本方針を閣議決定した。重点政策の「人づくり革命」と「生産性革命」の推進で少子高齢化を克服するとともに、脱デフレに向けた取り組みを進める考えを示した。写真は7月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 8日 ロイター] - 政府は8日、2018年度予算編成の基本方針を閣議決定した。重点政策の「人づくり革命」と「生産性革命」の推進で少子高齢化を克服するとともに、脱デフレに向けた取り組みを進める考えを示した。来年度の当初予算は、これまでにも増して「金融政策に成長志向の財政政策を、うまく組み合わせることに留意する必要がある」とした。

予算編成に当たっての基本的考え方では、経済再生最優先の旗印のもと、経済の好循環を加速する施策を充実させる方向性を明記。一方、財政再建もおろそかにせず、基礎的財政収支(PB)黒字化目標は堅持すると重ねて強調した。

来年度は、2015年に政府が策定した「経済・財政再生計画」で定めた集中改革期間の最終年度に当たる。予算編成の際には、計画に盛り込まれた改革を着実に実施するとともに、歳出全般にわたって「聖域なき徹底した見直しを推進する」とした。

(梅川崇)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当に強い大学
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。