半世紀ぶり国産旅客機MRJ--三菱重工、航空機自立への最終切符

「次」もボーイング頼み? トヨタ出資の意味

時間がかかったのは、キスされたのがMRJだけではないからだ。ボーイングは、MRJのライバル、ロシアのスーパージェット100のコンサルを引き受けている。当然ながら、ボーイングにはロシア市場への思惑がある。

両天秤をかけるボーイングの真意は、外部からは測りがたい。ところが、三菱重工は「MRJの次」の戦略も、ボーイング頼みである。

三菱重工が期待する「次」は、ベストセラー機、737の後継機だ。「ボーイングは737の後継機を100席クラスから考えている」と戸田社長は見る。「MRJの機体を大きくして100席ぎりぎりまで行くのか、(737の後継機の)プラットフォームに融合させるのか。100席を超えた領域も、ボーイングとの大きな連携の中でやりたい」。

もう一歩踏み込んで大宮社長が言う。「私の希望としては、737の後継機を丸ごと、と言うより、最終組み立てラインもやれたらいい。やれると思う。ボーイングはウンともスンとも言っていないが」。

エアバスは天津でA320の組み立て工場を立ち上げた。767以来の“濃厚な関係”からすれば、大宮社長の希望がかなうシナリオも、絶無ではないだろう。だが、そこまでボーイングに頼り切って大丈夫か。

かつて、ボーイングはA380の開発を阻止すべく、エアバスに共同開発を持ちかけ、ドイツをエアバスから引き抜こうとした。80年代、日本も中型機「7J7」の共同開発をドタキャンされた経験がある。

今回は、“裏切られた”ときの備えもないではない。三菱商事と同率2位、三菱航空機に10%出資したトヨタである。トヨタは運航会社・朝日航洋を傘下に持ち、機体メーカーの富士重工業にも出資している。

三菱航空機の戸田社長が言う。「今まで以上にトヨタ生産方式に学びたい。われわれの複合素材、軽量化技術もトヨタの将来の自動車、さらにその“次”にお使いいただけるチャンスがある。次は空飛ぶ自動車ですか、と言っている」。

あるいは遠くない将来、日本の空でアッと驚く融合が起こる可能性も、ないではない。


(週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 白馬通年リゾートへの道
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング