金融市場の「不穏な動き」に備える投資の知恵

次のターゲットは「債券」「為替」?それとも?

たとえば、ドルの値動きと自国の通貨の動きを連動させている通貨としては、人民元、香港ドルがある。米ドルと併用しているコスタリカ、エルサルバドルもある。市場の歪みはいずれ修正される。

日本の株価や国債価格も、ひょっとしたら市場の「歪み」なのかもしれない。

付和雷同型の投資は破滅を招くかも

今回、日本株が大きく高騰した背景には、外国人投資家の動きが大きく関係している。外国人投資家が先物を売りながら、現物買いを続けて、10月の16連騰などを演出した。しかし、最近の売買動向を見ると、外国人が売って個人投資家が買って、参入してくるパターンになっている。

1980年代後半のバブル崩壊でもそうだったが、日本の株式市場の場合、外国人投資家が株価を押し上げ、その後付和雷同する形で個人投資家が参入。最終的に、高値をつかんだ個人投資家がはしごを外されて大損する形が多かった。

今回のパターンもそれに近づいてきている。株が上がったところを追いかけて投資していく「順張り」は、投資の王道とは言え、これで勝てる個人投資家は少ない。ライバルは、外国人投資であり、彼らは投資のプロである機関投資家だ。しかも、その大半がコンピュータによるプログラム売買を使っており、超短期間に売買を繰り返すアルゴリズム売買だ。

要するに、みんなが投資しているから自分も、といった付和雷同型の投資では勝てないということだ。そのためには、情報のアンテナを大きく広げて、情報収集することが大切。日本のメディアだけではなく、海外の投資情報メディアなどにも目を通したほうがいいだろう。

さらに、投資は乱高下するマーケットが対象であり「分散投資」が原則。長期投資に徹することで時間を分散し、株や債券、商品、為替、仮想通貨など投資対象を分散することでリスクを軽減できる。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT