武田薬、東京本社ビルを495億円で売却へ

土地と建物を高島屋に売却

 12月1日、武田薬品工業は、東京本社ビル(東京武田ビル)と隣接地(武田新江戸橋ビル)の土地と建物を高島屋に売却すると発表した。写真は同社の本社ビル。2009年7月撮影(2017年 ロイター/Stringer)

[東京 1日 ロイター] - 武田薬品工業<4502.T>は1日、東京本社ビル(東京武田ビル)と隣接地(武田新江戸橋ビル)の土地と建物を高島屋<8233.T>に売却すると発表した。売却額は495億円で、2018年度下期に固定資産売却益約390億円(税引き前)を計上する予定。土地・建物の引き渡しは19年3月までに行う。

武田は、現在、中央区日本橋本町に新東京本社ビルを建設しており、18年春の竣工を予定しており、竣工後は本社を移転する。売却益は成長への投資に振り向ける。

高島屋は、日本橋エリアに点在する本社や事務所、グループ会社のオフィスを取得するビルに集約し、業務の生産性向上を図る。

(清水律子)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT