センベロ街「立石」で40年続くスナックの魔力

「サファイヤ」が常連に愛され続けるワケ

さらに、洋子さんはこう続ける。

「あとは、電車で40~50分かけて月1回いらっしゃるお客様や、出張時に必ず立ち寄ってくれるお客様もいるかしら。家庭的な雰囲気と、楽しく歌を唄える居心地の良さを、みんな一様に評価してくれているわ」

歌いたい曲をメモしてくるお客さんも(編集部撮影)

開店当初から通い続けているという、常連の男性客にも話を聞いた。

「立石が懐かしくて、ふらっと立ち寄ったのがきっかけ。江東六区のスナックはいろいろと通ったけど、この店は特にママの人柄がいい。いつ来ても、誰が来ても、依怙贔屓(えこひいき)なく楽しめる。こんなに居心地のいい店はほかにないよ」

お客さんが次々と歌っていく

一方、歌を楽しむ男性客は、「酒を飲まなくても、みんなと一緒に歌っていると心が元気になるし、笑顔になるよね」と話しながら、趣味で作っている巾着袋を皆にふるまっている。

また、「これが本当のスタンドマイク!」、テーブルにマイクを立てて唄うおちゃめな男性は、「僕は55歳だけど、常連さんの中では若いほう。もっと若い人にも来てもらって、一緒に楽しくお店を盛り上げたいね」と言う。

ラッキーナンバーが出ると、お土産がもらえる(筆者撮影)

この日が特別なのか、それとも、この店がそうさせるのか。お客さんは次々とマイクを握って、お気に入りの一曲を歌っている。顔見知りが多いからか、誰かが歌い終わると、みなが一斉に拍手をする。常連客の男性の1人は、「ここはお客さんがみんな優しい。こんな店はなかなかない」と満足気に話す。カラオケが終わると必ず採点が出るが、驚くほど90点以上が連発する。レベル高い……。

店内には「本日のラッキーナンバーは6」と書かれた貼り紙があった。カラオケの採点で下一桁にラッキーナンバーが出たら、お土産がもらえるそうだ。客が歌い出すと皆が手拍子をし、曲が終わると同時にかたずを飲んで採点結果を待つ。そして点数表示とともに一喜一憂する。

次ページ「スナ女」がズバっとお店を評価!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT