センベロ街「立石」で40年続くスナックの魔力

「サファイヤ」が常連に愛され続けるワケ

「スナック サファイヤ」のママ、マチエさん(80歳)に話を聞いた。この店を始めたのは1977年。今から40年前とのこと。当時を振り返ってこう話す。

80歳にはまったく見えないマチエママ。常連客からの信頼も厚い(筆者撮影)

「もともとは美容師だったんだけど、将来の事を考えてスナックを始めたの。お店の名前は、いつまでも輝いていたいという気持ちをこめて『サファイヤ』と命名したわ。私の誕生石なの。

最初はまったくの素人で、何もわからなかったわね。けど、お客様がいろいろと教えてくれたから、こうして40年も続けられたと思うわ。今では、近所のお客様だけでなく、離れた場所から通ってくれるありがたいお客様もいるわね。

常連さんの年齢層は高いけど、みんな心でお付き合いできる人ばかり。トラブルは一切なし。それがうちの自慢よ」

お店が盛り上がる時間帯は?

気になる料金は、焼酎、ソフトドリンク飲み放題で2時間2000円(ビール700円、延長30分500円)と財布に優しい。ボトルキープをする場合は、焼酎が2500円から、ウイスキーは3000円からだ(いずれも2カ月まで)。

さて、普段店はどのくらい繁盛しているのだろうか。ママの右腕として15年ほど働いている、洋子さんに話を聞いた。

常連さんたちでにぎわう店内(筆者撮影)

「満席で入店をお断りしていた時期もあったけど、最近では金曜・土曜がすこし混む程度。腹ごしらえしてからいらっしゃるお客様が多いから、お店が盛り上がる時間帯は20時~23時の間ね。

常連さんが中心だけど、月に数回、初めていらっしゃるお客様もいるのよ。すぐにみんなと仲良くなって、お店を出るときはここで再会を約束する。そうやって常連になっていく人も多いわね」

次ページカラオケのレベルが妙に高い
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT