「センザンコウ」、中国でウロコ11トン押収

2万匹分以上に相当

11月29日、中国国営メディアによると、世界で最も密猟されている動物とされ、絶滅が危惧される「センザンコウ」のウロコ11.9トンを中国税関が押収した。写真は8月タイで撮影(2017年 ロイター/Prapan Chankaew)

[北京 29日 ロイター] - 中国国営メディアによると、世界で最も密猟されている動物とされ、絶滅が危惧される「センザンコウ」のウロコ11.9トンを中国税関が押収した。

今回の摘発は過去最大規模で、アフリカで捕獲されたセンザンコウ2万匹分以上に相当するとみられている。

センザンコウは全身をウロコに覆われた珍しいほ乳類で、ウロコがぜんそく、リウマチ、関節炎などの漢方薬の原料に使われるため、中国やベトナムで強い需要がある。

7月に深センで船の貨物から押収され、容疑者2人に逮捕状が出されているという。

センザンコウの国際取引禁止は、今年1月に発効した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。