「センザンコウ」、中国でウロコ11トン押収

2万匹分以上に相当

11月29日、中国国営メディアによると、世界で最も密猟されている動物とされ、絶滅が危惧される「センザンコウ」のウロコ11.9トンを中国税関が押収した。写真は8月タイで撮影(2017年 ロイター/Prapan Chankaew)

[北京 29日 ロイター] - 中国国営メディアによると、世界で最も密猟されている動物とされ、絶滅が危惧される「センザンコウ」のウロコ11.9トンを中国税関が押収した。

今回の摘発は過去最大規模で、アフリカで捕獲されたセンザンコウ2万匹分以上に相当するとみられている。

センザンコウは全身をウロコに覆われた珍しいほ乳類で、ウロコがぜんそく、リウマチ、関節炎などの漢方薬の原料に使われるため、中国やベトナムで強い需要がある。

7月に深センで船の貨物から押収され、容疑者2人に逮捕状が出されているという。

センザンコウの国際取引禁止は、今年1月に発効した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT