授業料330万円!「米エリート幼稚園」の教育

高い授業料は割に合っているのか

「教育が子どもの人生を左右する」と考えれば、幼児教育に大金を払う親がいるのは不思議ではない(写真 : Rawpixel / PIXTA)

格差拡大が加速しているといわれて久しい米国。高騰し続ける大学の授業料などをまかなうのに一般的な親が10年以上貯金しているのに対し、幼稚園に一般の私立大学と同程度の学費、年間3万ドル(約330万円)支払う親もいる。

「教育が子どもの人生を左右する」と考えれば、幼児教育に大金を払う親がいるのは不思議ではない。多くの米国人は、幼稚園は5歳児が翌年から始まる公式の学校教育に慣れるための準備期間としてとらえている。実際、米国の幼稚園は従来、3時間(半日)のプログラムを提供していたが、昨今では小学校と同じく、1日6時間のプログラムを組んでいるところが増えている。

エンジニアリングや世界の言語を学ぶ

米メリーランド州ボルチモアにある私立幼稚園「The Bryn Mawr School(ブリンマースクール)」も、行き届いた教育で知られるエリート幼稚園の1つだ。プリスクール(通常2~4歳児が対象)から12歳児を対象としたブリンマースクールの学費は、年間2万6000ドル(約290万円)。これには、時間外プログラムは含まれていない。

ちなみに、時間外プログラムは15時半から18時までで月額1910ドル(約21万円)。つまり、学校がある期間(9カ月)時間外プログラムを利用した場合、学費は年間約4万3000ドル(約480万円)にハネ上がる。

一般的な幼稚園では、ABCを覚える、集中力を高める、算数や社会の基本を理解するといったことに重きを置いているのに対して、ブリンマースクールでは幼稚園児の学力向上を目指すカリキュラムの一環として、人格教育、コンピュータ科学、エンジニアリング、音楽、世界の言語などを教えている。

米私立教育評議会によると、米国の幼稚園のうち私立校は全体の25%で、全幼稚園児の1割にあたる約500万人が通っている。こうしたエリート幼稚園が立地するのはたいてい、歴史が長い名門プリスクールがあるようなところだ。

エリート幼稚園の特徴はこのほかにも、少人数クラスや献身的な指導者、さらには幼稚園活動に熱心な親などが挙げられる。また、一般化することは難しいが、CNNマネーによると、エリート幼稚園には理科室や陶芸室、野菜などを育てる畑、ヨガスタジオ(!)などを備えているところも少なくない。

次ページシカゴにある幼稚園のすごい朝会
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。