ジョイント・コーポ救済--オリックスの真の狙い

ジョイント・コーポ救済--オリックスの真の狙い

新興不動産会社のジョイント・コーポレーションと金融大手のオリックスは8日、共同でリリースを発表した。内容はオリックスグループによるジョイント・コーポへの資本参加。8月中旬にアーバンコーポレイションが事実上倒産して以来、関係者の間では、ジョイント・コーポに関して「民事再生法申請が秒読み」などとまことしやかにささやかれていた。それだけに、発表は同社が崖っ縁で救われた印象を与えた。

資本提携の内容はジョイント・コーポがオリックスに対して総額100億円の第三者割当増資(9月払い込みの普通株40億円と11月払い込みの優先株60億円)を実施するというもの。オリックスは議決権総数の約4割を握ることとなる。このほかに幹部2人を代表権を持つ副社長と取締役に派遣。結果、ジョイント・コーポを持ち分法適用会社にする。また、極度額200億円の融資枠も供与する。

「純投資」のオリックス

ジョイント・コーポはマンション分譲会社として創業、「アデニウム」などのブランド名で展開してきた。が、2008年3月期決算を見ると、売上高1877億円のうち6割強は、土地などを仕込んで再開発後に転売する不動産流動化事業が占める。このため、バランスシートが膨張。棚卸し資産は2365億円に上り、有利子負債も2181億円に達する。

環境悪化を受け、今後2年間で1000億円の資産圧縮を行う方針だが、主要な売却先となってきたファンドはどこも資金調達難にあえぐ。進行中の京都駅南口の大規模プロジェクトのように、テナントが決まらず苦戦を強いられている物件もある。

今回の資本提携についてジョイント・コーポは「信用力の補完と財務基盤の強化が達成される」と説明する。が、実のところ資本提携先はオリックス本体ではなく、グループが出資する「OPI2008」という投資事業組合だ。しかも、オリックスの姿勢は現在、資本参加している大京と同様、「業務提携でなく、あくまで純投資」。不動産会社を丸抱えして支援することは考えていない。

ジョイント・コーポにとって延命措置となる今回の資本提携。が、“救世主”ほどの期待はできず、正念場が続くことに変わりはない。

(日暮良一 =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT