元米代表GKソロにFIFA前会長がセクハラか

ゼップ・ブラッター前会長は否定

 11月11日、女子サッカーの元米国代表GKホープ・ソロ(中央)は、2013年のFIFA年間表彰式でゼップ・ブラッター前会長(右)からセクハラを受けたと主張した。チューリヒで2013年1月撮影(2017年 ロイター/Arnd Wiegmann)

[11日 ロイター] - 女子サッカーの元米国代表GKホープ・ソロ(36)は、国際サッカー連盟(FIFA)のゼップ・ブラッター前会長からセクハラを受けたことがあると主張した。

ソロは11日にポルトガルの週刊誌エスプレッソに掲載されたインタビューで、2013年1月のFIFA年間表彰式で「ステージに上がる前に、ゼップ・ブラッター氏に尻をつかまれた」とコメント。さらに「同様の行為は常態化している」と述べた。

ソロはその表彰式で、FIFA年間最優秀女子選手のプレゼンターを務めた。

ブラッター氏は11日、電話インタビューで「ソロの主張はあり得ないし、ばかげている。事実ではない」と述べ、疑惑を否定した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 「薬害・廃人症候群」を知っていますか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。