低迷リオ五輪、人々はどう観戦しているのか

公開!「観戦トレンド」を示す5つのグラフ

それでも、いまだ王者として君臨するのは、相変わらずテレビの生中継である(写真: Dragon Images / PIXTA)

4年という歳月は、インターネットの世界では永遠にも等しい。

2012年のロンドン五輪は、米国テレビ史上最多の視聴者数を記録したイベントだった。だが、それから4年が経ち、ソーシャルメディアの世界は劇的に進化した。

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

FacebookとTwitterが従来のメディアに肩を並べる一方、Snapchat(スナップチャット)はライブストリーミングの一大勢力に成長した。一方、米国におけるソーシャルメディアユーザーの数も、全プラットフォームの合計で10%増加した。

「オリンピック開催のたびに、同じ見出しが踊ることになる。それは『史上もっともソーシャルメディアを巻き込んだ大会』というものだ」と語るのは、スポーツマーケティング・エージェンシーのオクタゴン(Octagon)でコマーシャル・コンサルティング責任者を務めるダニエル・ハダッド氏だ。「とはいえ、2012年以降、主要な視聴習慣は確実に変化した」。

これを念頭におきつつ、8月5日に開幕したリオ五輪がどのように視聴されるかを、5つのグラフから読み解いていこう。

「在宅観戦オリンピック」

ジカ熱が流行している状況で、現地で観戦する旅行者のフライト予約は伸び悩んでいる。あまりの低迷ぶりに、リオ五輪は「在宅観戦オリンピック」と揶揄されるほどだ。2014年のサッカー「FIFAワールドカップ」ブラジル大会よりも来訪者は少ない。だが、現地観戦客の減少が予想される一方、変わらないこともある。王者として君臨するのは、相変わらずテレビの生中継なのだ。

次ページテレビの役割
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT