低迷リオ五輪、人々はどう観戦しているのか

公開!「観戦トレンド」を示す5つのグラフ

それでも、いまだ王者として君臨するのは、相変わらずテレビの生中継である(写真: Dragon Images / PIXTA)

4年という歳月は、インターネットの世界では永遠にも等しい。

2012年のロンドン五輪は、米国テレビ史上最多の視聴者数を記録したイベントだった。だが、それから4年が経ち、ソーシャルメディアの世界は劇的に進化した。

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

FacebookとTwitterが従来のメディアに肩を並べる一方、Snapchat(スナップチャット)はライブストリーミングの一大勢力に成長した。一方、米国におけるソーシャルメディアユーザーの数も、全プラットフォームの合計で10%増加した。

「オリンピック開催のたびに、同じ見出しが踊ることになる。それは『史上もっともソーシャルメディアを巻き込んだ大会』というものだ」と語るのは、スポーツマーケティング・エージェンシーのオクタゴン(Octagon)でコマーシャル・コンサルティング責任者を務めるダニエル・ハダッド氏だ。「とはいえ、2012年以降、主要な視聴習慣は確実に変化した」。

これを念頭におきつつ、8月5日に開幕したリオ五輪がどのように視聴されるかを、5つのグラフから読み解いていこう。

「在宅観戦オリンピック」

ジカ熱が流行している状況で、現地で観戦する旅行者のフライト予約は伸び悩んでいる。あまりの低迷ぶりに、リオ五輪は「在宅観戦オリンピック」と揶揄されるほどだ。2014年のサッカー「FIFAワールドカップ」ブラジル大会よりも来訪者は少ない。だが、現地観戦客の減少が予想される一方、変わらないこともある。王者として君臨するのは、相変わらずテレビの生中継なのだ。

次ページテレビの役割
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT