低迷リオ五輪、人々はどう観戦しているのか

公開!「観戦トレンド」を示す5つのグラフ

ライブストリーミングやソーシャルプラットフォームの台頭にもかかわらず、複数の消費者調査から、視聴者はほかのプラットフォームよりもテレビ中継を好んでいることがわかった。

■リオ五輪の情報をどの方法で得たいか?

画像を拡大
※2110人の消費者を対象としたアリアンツの調査

保険会社アリアンツ(Allianz)が最近実施した調査は、消費者の60%以上がリオ五輪をテレビ観戦する予定であり、オンライン視聴を予定している消費者は8.5%にすぎないことを示している。最下位は、ペリスコープ(Periscope)やSnapchatといったライブストリーミングプラットフォームだった。

「人々がいずれテレビのスポーツ生中継を見なくなる、との悲観的予測も存在するが、我々の予想は、オーディエンスが非常に多くなるというものだ」と、ハダッド氏。「ドラマやニュースとは違い、スポーツの視聴は依然としてテレビの役割だ」。

ただし2012年以降は、テレビを見ながらモバイルデバイスを使用する人々、いわゆる「セカンドスクリーナー」が急激に増加してきた。したがって、たとえリアルタイムの情報をソーシャルメディアから得ていなくても、ソーシャルメディアを使っていないとは限らない。

金はFacebook、銀はTwitter

リオ五輪におけるソーシャルメディアの主な役割は、ほかのスポーツイベントと同様、大会のハイライトにリアルタイムで反応するコメントの場ということになる。視聴者はまた、ソーシャルなプラットフォームを通して、生中継にチャンネルを合わせるタイミングを知ろうとしているようだ。

「いまでは、イベントを最初から最後まで座って見たいという人は減っている」と、ハダッド氏は指摘する。「むしろ、試合中のハイライトの前後にオーディエンスが急増すると我々は予測している。金メダルの行方が決まる瞬間にしか興味がないのなら、それまで2時間も座して待つ必要はない」。

次ページ同時に盛り上がる場所は、依然としてTwitter
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT