低迷リオ五輪、人々はどう観戦しているのか

公開!「観戦トレンド」を示す5つのグラフ

これらのダークソーシャルチャネルでは、五輪関連コンテンツの共有がすでにはじまっている。しかも多くの競技では、こうしたチャネルがコンテンツ共有の大多数を占める。レイディアムワンの英国での分析によると、五輪サッカー関連コンテンツの実に85%が「WhatsApp(ワッツアップ)」やFacebookの「Messenger(メッセンジャー)」といったダークソーシャルで共有されたという。

ダークソーシャルでシェアされた割合が高い競技には、ほかにも自転車、ラグビー、ゴルフなどがある。

■ダークソーシャルでの共有率が高い競技

画像を拡大
※英国内のコンテンツ共有3570万回を分析したレイディアムワンの調査

YouTubeのロングテール

大会そのものは2週間で終わってしまうが、オリンピックのデジタルな「第2の人生」は長い。YouTubeなどのプラットフォームには、大会に関連する多数のハイライト、マッシュアップ、プレイリストがあふれる。モバイルデバイス上での五輪コンテンツ視聴も増えている。

YouTubeの最近のレポートによると、同サイトの五輪コンテンツのうち、モバイルで視聴される割合は現在65%になっているという。モバイルの比率がもっとも高い国はサウジアラビアで、87%を占めている。

■YouTubeの五輪関連動画はどこで視聴されるか

Grace Caffyn(原文 / 訳:ガリレオ)

DIGIDAY[日本版]の関連記事
リオ五輪報道のために、BBCはどんな準備をしてきたか?:アラート機能、ライブ配信、360度動画
リオ五輪に見る、マーケティングアプローチの進化と課題:注目すべき 3つの視点とは?
NBC、リオ五輪向けの スナチャに BuzzFeedを起用:若年層の囲い込みに期待

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT