低迷リオ五輪、人々はどう観戦しているのか

公開!「観戦トレンド」を示す5つのグラフ

Twitterは五輪のツールを強化しているものの、もっとも使われるプラットフォームはFacebookになるだろう。

■視聴者が五輪の最新情報を追うのに使うプラットフォーム

画像を拡大
※米国の消費者500人を対象としたクラウドタップの調査

ブランドマーケティング支援のクラウドタップ(Crowdtap)が実施した調査によると、視聴者の86%がセカンドスクリーンでFacebookを利用し、Twitterとインスタグラムがこれに続くという。

「テレビ中継での出来事と同時に盛り上がる場所は、依然としてTwitterだ。ただし、長いディスカッションについては、Twitterだと散らかってしまうが、Facebookならまとまりやすい」と、ハダッド氏は語る。

ダークソーシャルの台頭

Facebookは2012年当時も存在していたが、この4年間に台頭したのは、「ダークソーシャル」と呼ばれるプライベートメッセージングのプラットフォームだ。アドプラットフォームのレイディアムワン(RadiumOne)の調査によると、消費者の74%はダークソーシャルでコンテンツを共有し、24%はダークソーシャル以外ではコンテンツを共有しないという。以下のグラフは、通常のソーシャルのチャネルとともに、ダークソーシャルのチャネルの内訳を示している。

■ユーザーが五輪コンテンツを共有する方法

画像を拡大
※消費者1000人を対象としたレイディアムワンの調査
次ページモバイルでの視聴も増加傾向
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT