外資マネジャーはなぜ「即行動」を嫌がるか

どんな環境下でも生産性が上がる3行動

さて、ここまで紹介したこと、特に鍵1と鍵2は、業務の効率化、すなわちスピードアップにつながることといった印象を持たれたかもしれません。しかし、スピードが増すこと、言い換えれば処理量が増すだけでは生産性向上は道半ばです。

効率化とクリエーティビティの意外な関係

それ以上に重要なのは、業務の質、つまり顧客への付加価値が高まることです。たとえば、いままでに顧客が10万円の価値しか感じなかったものを、20万円の価値を感じるようにできれば、生産性は一気に高まります。経営学の泰斗、ピーター・ドラッカーも、「生産性は量より質が大事」といったことを言っています。

実は、効率化することの最大のメリットは、処理量を増やすこと以上に、時間に余裕が生まれることで、クリエーティブなアイデアを考える時間を確保できることです。

クリエーティビティは、ある程度の時間的余裕の中でこそ生まれやすいものであり、その時間を作るためにも、業務をスピーディにこなしていくことが大事なのです。

クリエーティビティを発揮するヒントとしては、過去の常識を疑う、視点を変えて考える、新しい組み合わせを考える、異なる業界の人々と議論することで新しいヒントを得るなどさまざまなものがありますが、これらは日常の仕事が忙しいと、なかなか実現できません。しかし、これだけ経営環境の変化の速い時代、顧客や競合がどんどん変わっていく時代にあっては、こうした発想抜きには会社を健全に発展させることはできません。

特に新しいビジネスチャンスを見出すことは、企業が成長する必須条件ですが、それまでの発想を疑うところからスタートすることが多いものです。たとえばアパレルの話であれば、クリーニングしてもよれない製品よりも、そもそもクリーニングの必要性が小さい製品のほうが顧客に好まれるかもしれません。

グーグルなどの企業は、従業員がクリエーティブに考えられる時間を確保するような人事施策を講じています。ただ、会社全体としてそこまで配慮してくれる会社は多くはありませんから、多くのケースでは一人ひとりの心がけと実践次第となります。

今回紹介したことを、できることから実践していくと、日々の仕事の生産性がよい方向に向上していくでしょう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT