徳洲会についにメス、特捜部が家宅捜索

徳田毅代議士の公選法違反に関する内部資料入手!

巨大病院グループの闇についにメスが入った。

東京地検特捜部は9月17日午後2時過ぎ、公職選挙法違反容疑で徳洲会グループの東京本部および湘南鎌倉総合病院を家宅捜索した。その後、関係者を一斉に呼んで任意の事情聴取を行った。

東洋経済では、今回の容疑である公職選挙法違反(運動員買収)に関する内部資料を入手した。

内部資料にはグループ病院からの選挙応援の実態が

同資料によると、昨年12月に行われた衆議院選挙で、徳田毅衆議院議員(自民党・鹿児島2区)陣営が、徳州会グループの病院から職員ら300名以上の派遣応援を受けて選挙運動を行っていた。関係者によると、職員らは鹿児島市内や奄美群島の選挙事務所に派遣され、旅費や宿泊費、レンタカーなどの必要経費を事前に仮払いされていただけでなく、日当も支給されていた。具体的には、派遣する職員を欠勤扱いにして、減額された給与分を選挙後に賞与で補填するようにしていた。

東洋経済が入手した「鹿児島応援予定(11月20日現在)」のタイトルが書かれた内部資料(冒頭写真。一部編集部で加工)には、病院名、人数、氏名、部署、役職、年齢、性別、期間、備考(携帯番号)など、選挙期間中にどの病院の誰が応援にいくのか、スケジュールが記載されている。

次ページ病院「私物化」の実態明らかに
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT