「ダラダラやる子」を劇的に変える時計活用法 時間管理が自分ででき、学力もアップする

✎ 1〜 ✎ 15 ✎ 16 ✎ 17 ✎ 最新
拡大
縮小

次に、勉強への取りかかり自体を早くするためにストップウォッチを使ってみました。次男は夕食前に勉強することにしているのですが、以前は夕方5時のチャイムで遊びから帰ってきてから、なかなか勉強を始められませんでした。そこで、遊びから帰ってうがいと手洗いを済ませた時点で、「さあ、今から勉強の用意をして、鉛筆が持てるまで何分かかるかな? ストップウォッチで計るよ。用意、ドン」とやってみました。すると、鉛筆が持てるまで45秒でした。

それから毎日計るようにしたら、しばらくは毎日新記録が出続けました。最終的には10秒前後に落ち着いていて、もうこれ以上早くするのは物理的に不可能という状態です。昨日は10.38秒、今日は10.57秒など、10分の1秒とか100分の1秒レベルの違いで盛り上がっているそうです。

さらにうれしいことがあって、弟の様子を見ていた中学生の長男も、自らストップウォッチとタイマーを使い始めたそうです。長男のやり方は、タイマーを使って30分勉強したら15分休むというサンドイッチ方式が多いそうです。同じくタイマーを使って、筋トレ10分、夕食30分、食後のゲームやスマホが60分、趣味の観葉植物の世話が10分、朝の登校の仕度が4分30秒などとやっているとのことです。

生活に変化が

そして、次男も4年生になった頃から自分で工夫をし始めました。朝、目覚まし時計で目が覚めたら、すぐタイマーを3分にセットして、タイマーが鳴ったらすぐ布団から出るようにしています。目覚まし時計だけでは無理だけど、自分のお気に入りのマイタイマーだと頑張って起きられるそうです。遊んだものを片づけるときは「3分で片づける。用意、ドン」、翌日の仕度をするときは「4分で明日の仕度。用意、ドン」です。最近では、自分でドリルや通信教材の問題を枠で囲んで小分けしたりもするそうです。

今、Eさんは言っています。「ストップウォッチとタイマーを使い始めてから、子どもたちの生活はかなり変わり、とてもうれしいです。ただ、正直なところ『今の子は本当に忙しいな。これでいいのかな』と思うこともあります。でも、同時に『まあ、仕方がないか。ダラダラするのを見て叱り続けるよりいい。それに、やるべきことを集中してやれば、自分の時間も生み出せるから』とも思います」

なお、子どもに自分専用のストップウォッチとタイマーをあげると、使いこなすのがうまくなります。選ぶときは子どもが使いやすいものを選んでください。子どもは、操作が難しかいとか文字が小さくて見にくいなどのちょっとした理由で、苦手意識を持ってしまうこともあります。

また、タイマーはデジタル式のものが多いですが、アナログ式のものもあります。「タイマー アナログ」をネットで検索すれば出てきます。アナログ式は、残り時間の量が視覚的にとらえやすいという長所があります。反面、60分計が多いということと、秒単位の数字が出てこないという2つの理由で、5分以下の短い時間は計るのには向いていません。ぜひ、グッズも工夫しながら試してみてください。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT