職人夫婦が築いた「町のパン屋」の新しい形

個人店だからできることがいっぱいある

パン業界では、周囲の半径500メートルに人口が1万5000人いると、パン屋1軒が成り立つといわれるが、ティコパンの周囲は約1万9000人いるうえ、景気に左右される不労所得ではなく、自ら働いて稼ぐ住民が多いことにも着目した。実際、駅から遠い立地でも、数多くの常連を抱える店に育っている。

今後は、生地を伸ばすリバースシーター(パイローラー)と、均一な火力を保てるコンベクションオーブンを導入し、クロワッサンなども作りたいという。衛生面などの管理に自信ができたら、自家製粉にも挑戦したい。より密度の高い製造空間を作り、高品質なパンを効率的に作る工夫を重ねていく2人の挑戦は、始まったばかりだ。

パン業界に必要だった要素を省いていった

中島夫妻の試みは、はからずも大量生産の限界を明らかにしている。消費者の食の安全や安心に対する要求が高くなり、食品製造現場では、安定した品質を保ちながら、衛生面はもちろん、材料の安全性も追求しなければならなくなっている。現代は、大量生産が必ずしも生産性が高い、とはいえない時代に突入しているのかもしれない。

広い店、便利な駅前、扱いやすい外国産小麦の小麦粉に食品添加物、生の野菜や果物。通常は必要とされるが、中島夫妻にとっては不要な要素を排除していった結果、リーズナブルな価格で品質の高いパンを売ることが可能になった。

技術と経営の合理化の追求を語る直樹氏からは、やりたい仕事に向かって邁進する喜びが感じられた。それは、高い技術を持つ自身と相棒がいるからでもある。

実は、ティコパンには、ビルオーナーの応援もある。「大家さんは、自分のおカネで買ったパンを、営業でいろいろなところに持っていってくださる。本当にありがたいです」。高い品質の製品を誠実に作る人には、頼もしいサポーターがつく。それは、おそらく店の常連などの形で今後も増えていくのではないだろうか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT