元ヤクルト・宮本が「野球離れ」に投じる一石

サッカーに子どもの参加者を奪われる現状

この日は24組の親子が体育館に集まった。宮本は、約2時間、1人で教室を進行させ、声を張り上げ続けた。子どもがボールを投げて得点を競う競技では、24人の子ども一人ひとりが投げ終わるまで丁寧に見届け、一人ひとりに得点をつけた。約30分ごとに給水タイムを設けたが、その間の父母を交えた記念撮影にも気軽に応じていた。

またティーに載せたボールを打つ競技では、父母にも挑戦する機会を設けた。母親から先に打たせたのは、今、子どもの習い事を決めるうえで、母親の意向の方が、父親よりもより強く影響すると言われていることを考慮したのではないかと感じた。お母さんたちは幾分上気した顔でボールを打ち、宮本はその都度、手を叩いたり、丁寧にアドバイスしたりした。ティーボールの試合も、1人で審判をした。有名な野球人が顔見せ的に参加するのとは、まったく違う、いろいろな意味で汗をかいての本腰を入れた取り組みだった。

有名な野球人が普及活動に乗り出す意義

筆者はこうした教室をいくつも見ているが、宮本の教室はその中ではややハードな部類だと感じた。一人ひとりの子どもが体を動かす頻度は多いし、密度も濃い。しかし、宮本がぐいぐいとイベントを引っ張っていくので、子どもたちはだれることなくついていく。大人も集中力を途切れさせなかった。こうした様子から、宮本のように求心力を持つ著名な野球人が普及活動をすることのメリットをはっきり感じることができた。

サポートしていた品川区の職員は「昨年、宮本さんからボランティアでこういうことをやりたいというご提案があったんです。そこで、私どものほうで区立、私立を問わず幼稚園・保育園に声をかけて、応募があった園で教室を開いていただきました」と宮本から呼びかけがあった経緯を話した。

プロ野球のテレビ放送が減り、野球というスポーツ自体が今の子どもにとって縁遠くなっている実態がある(撮影:今井康一)

「投げたり打ったりするのは初めてのお子さんばかりですが、宮本さんがこのような形で楽しく教えてくださるので、最後に『野球が好きになった子!』というと、何人かが手を上げるようになりました。私どもは日程調整させていただくだけで、実施はすべて宮本さんにお任せしています。子どもたちが体を動かす機会にもなりますので、ぜひ、継続的にやっていただきたいと思っています」(品川区職員)

行政や企業の支援はあるにしても、宮本慎也自身の「気持ち」がなければ続かない取り組みだ。「野球離れ」を食い止めるためには、一人ひとりの野球人が、今できることから始めるしかない。その思いを改めて強くした。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT