時価総額1.3兆円、絶好調ネクソンの「稼ぐ力」

海外をどう攻め、日本市場をどう立て直すか

マホニーCEOは米国のゲーム大手エレクトロニック・アーツで経営企画担当のバイスプレジデントを務めており、ネクソン買収を試みたが、結局断念。逆に打診を受けて2010年に入社し、2014年から社長として会社を率いることになった、珍しい経歴を持つ(撮影:梅谷秀司)

VRよりもARに期待大?

――ゲーム業界ではVR(仮想現実)が注目を浴びている。どのように見ているのか。

個人的には、VRにあまり興味がない。私自身、VRゲームを何度も試しているが、体験としてはあまりよくなかった。ゲーム開始から15分頃までは面白いが、それ以上になると快適さが大きく落ちる。

さらに、VR端末を付けていると周囲が見えないため、飲み物を飲みながらプレーできず、犬や妻が部屋に入ってきたら対応できない(笑)。ちょっとした問題かもしれないが、何時間もゲームをしようとすると必ず出てくる問題だ。

ただ、AR(拡張現実)はこれから大きく伸びると思っている。AR技術を使えば、現実の中に新たな世界を作ることができるからだ。たとえば、2016年に配信された「ポケモンGO」はAR技術を使うことで現実空間とポケモンの世界を一体化させ、世界的にヒットした。

米アップルや米マイクロソフトがAR技術の開発を積極的に進めており、近いうちによいAR端末が発売されるだろう。現在のオンラインゲームではディスプレー上に仮想の世界を作り出しているが、メガネ型のAR端末が普及すれば現実世界の中でオンラインゲームと同じ体験が可能になる。もう2~3年もすれば面白いゲームが出てくると考えている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT