時価総額1.3兆円、絶好調ネクソンの「稼ぐ力」

海外をどう攻め、日本市場をどう立て直すか

マホニーCEOは米国のゲーム大手エレクトロニック・アーツで経営企画担当のバイスプレジデントを務めており、ネクソン買収を試みたが、結局断念。逆に打診を受けて2010年に入社し、2014年から社長として会社を率いることになった、珍しい経歴を持つ(撮影:梅谷秀司)

VRよりもARに期待大?

――ゲーム業界ではVR(仮想現実)が注目を浴びている。どのように見ているのか。

個人的には、VRにあまり興味がない。私自身、VRゲームを何度も試しているが、体験としてはあまりよくなかった。ゲーム開始から15分頃までは面白いが、それ以上になると快適さが大きく落ちる。

さらに、VR端末を付けていると周囲が見えないため、飲み物を飲みながらプレーできず、犬や妻が部屋に入ってきたら対応できない(笑)。ちょっとした問題かもしれないが、何時間もゲームをしようとすると必ず出てくる問題だ。

ただ、AR(拡張現実)はこれから大きく伸びると思っている。AR技術を使えば、現実の中に新たな世界を作ることができるからだ。たとえば、2016年に配信された「ポケモンGO」はAR技術を使うことで現実空間とポケモンの世界を一体化させ、世界的にヒットした。

米アップルや米マイクロソフトがAR技術の開発を積極的に進めており、近いうちによいAR端末が発売されるだろう。現在のオンラインゲームではディスプレー上に仮想の世界を作り出しているが、メガネ型のAR端末が普及すれば現実世界の中でオンラインゲームと同じ体験が可能になる。もう2~3年もすれば面白いゲームが出てくると考えている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT