時価総額1.3兆円、絶好調ネクソンの「稼ぐ力」

海外をどう攻め、日本市場をどう立て直すか

新作の「AxE」(Alliance x Empire)が順調。日本でもヒットとなるか(写真:ネクソン)
時価総額は約1.3兆円と非常に大きく、東証1部上場のゲーム会社でトップの任天堂に次いで2位につける実力企業。それがPCゲーム大手のネクソンだ。日本に本社を置きながら開発拠点を韓国に持ち、主力事業は中国におけるPCゲームという、変わった事業形態が特徴の企業だ。
ネクソンの足元の業績は絶好調。2017年1~6月期の営業利益は中国事業の好調に加えて為替による好影響もあり、前年比228%増となる560億円を稼ぎ出した。ただ、国内では慢性的な赤字が続いており、今1~6月期も18億円の事業赤字。海外の攻めと国内の守りをどう展開するのか。オーウェン・マホニーCEOに聞いた。

どうして超ロングヒット作を出せるのか?

――2008年に配信してから約9年が経つ中国の「アラド戦記」が今でも業績を牽引している。日本ではあまりなじみのないゲームだが、どのような魅力があるのか。

「アラド戦記」は多数のプレーヤーが同時に参加するアクションRPGで、グラフィックはシンプルながら深みのある戦闘がゲームの魅力だ。

ロングヒットの秘訣を語るマホニーCEO(撮影:梅谷秀司)

1回の戦闘で終わりではなく、どのようにキャラクターを動かしていくか、という戦略が重要なゲーム設計になっている。また、長年にわたってコンテンツを追加し続けてきたため、ゲーム内でできることがほかのゲームよりも多い。

ただし、成功の秘訣として特定の要素を挙げることは難しい。ゲームのコンテンツはマップやキャラクター、アイテムなど多様な要素が複雑に絡み合っているからだ。今後も人気を継続していくためには、ユーザーの要望をつねに聞き続け、スピード感を持ってアップデートし続けることが大切になる。

――アラド戦記以外にも2003年配信の「メイプルストーリー」、「マビノギ」などの長寿タイトルが収益を支えている。

既存ゲームを運用する大規模な専門チームを持っていることがネクソンの強みだ。そこで中国や韓国、日本のニーズを吸収し、ゲームの改善を進めている。中でも重視していることは、ゲーム内に擬似的な世界を作り出すことだ。

オンラインゲームは多くのユーザーが同じゲーム空間に集い、コミュニティの形成やアイテム売買が行われる。それに伴い、ゲーム内で経済や政治が発達し、現実と同じような世界が形成される。短期的な売り上げを追わず、ゲーム内の世界を楽しいものにすることが長期的な人気につながると考えている。

次ページアジアの開発力が上がっている
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。