三木谷流「スパルタ英語」は小学生に通じるか

楽天の社内公用語化ノウハウを詰め込んだ

流暢な英語を話す三木谷氏。賛否がある中でも熱心に社内公用語化を進めてきた(撮影:今井康一)

授業時間は1回75分、毎回皆の前で英語のプレゼンテーションをする課題が出されるうえ、授業に向けては毎週150分程度の予習が必須……。子ども向けの英語レッスンとしてはなかなか“スパルタ”に見えるこのプログラムは、国内ネット通販大手の楽天が10月に開業する英語学習教室「Rakuten Super English ジュニア」で実際に行われるものだ。

自由が丘駅から徒歩5分、閑静な住宅街の中に、Rakuten Super English ジュニアの教室がある。8月中旬に開校の告知サイトを開設して以来、ここで説明会や体験レッスンを重ねてきた。10月2日からは、平日に午後2コマ(月曜は1コマ)、休日に午前と午後を合わせて6コマのレッスンが本格スタートする。

社内公用語化の知見をフル活用

楽天といえば2012年、三木谷浩史会長兼社長の肝いりで、本格的に英語を社内で公用語化し大きな話題となった。現在は会議や資料など、社内のやり取りはすべて英語を前提に行われている。また、昇進にはTOEIC基準点のクリアを条件にするなど、人事評価の面でも英語を重要視している。

クラスは学年や年齢で区切らない。学校の教育とは異なる形だ(記者撮影)

この取り組みを社内に浸透させる過程で、楽天内には独自の英語学習ノウハウが蓄積されていった。

これを外部にも提供し、事業化してみようということで、同社は今年4月、英語学習アプリの提供や法人への英語教育コンサルティングを行う「Rakuten Super English」の事業をスタート。そこに今回、リアルの教室を持つ子ども向け英語学習サービスが新しく加わった形だ。

教室の対象学年は小学3年生から中学1年生。クラスは学年で区切らず、体験授業を通じて判定する習熟度で分ける。大まかには、小学校で習う表現をいくつか話せる生徒を対象にした「レベル1」と、簡単な自己紹介ができる生徒を対象にした「レベル2」の2つを用意している。

次ページ特徴である「反転授業」とは?
人気記事
トピックボードAD
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • トクを積む習慣
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。