FPが金融商品を熱心に勧めてきた時の対処法

本当に顧客の側に立っているか疑ってみよう

おカネの相談は、FP(ファイナンシャルプランナー)が解決してくれる。だが、そのFPが熱心に金融商品を勧めてきたら、どうする?(写真:マハロ/PIXTA)

今回は、FP(ファイナンシャルプランナー)のお仕事の内容と「フィデューシャリー・デューティー」についてのお話をしてみたいと思います。

金融商品の販売仲介手数料をとるFPは、信用できるか?

この連載の一覧はコチラ

フィデューシャリー・デューティーとは、顧客本位の業務運営のことを言います。実は、この春、金融庁は「フィデューシャリー・デューティーに関する原則」を公表しました。

これは、同庁が文字どおり顧客の立場に立った業務運営を徹底するよう、金融業界に向け、取り組みを促したものです。

具体的にいうと、商品の購入をする際の手数料や費用に関するわかりやすい情報提供や、顧客の最善の利益追求をするための従業員の正しい行動、それに対応するような業績評価や研修体制の構築など「7つの原則」を定めました。そして、強制ではないものの、それぞれの企業に、「7つの原則」に沿った取り組みを策定することを求めるというものです。すでに大半の金融機関が顧客本位の業務運営に徹するように、「フィデューシャリー・デューティー宣言」を採択、自社の取り組みを示しています。

私は、個人へのおカネまわりの相談業務に携わる私たちのようなファイナンシャルプランナー(以下「FP」)も、金融サービスを業として提供する者として、「フィデューシャリー・デューティー宣言」を行い、「お客様のために」自らの業務を遂行することを公約する必要があると感じています。

というのも、現実として大変残念ではありますが、FPの中には顧客に対し、不適切な金融商品などを直接販売したり、仲介をしたりして、金融機関などからそのコミッション(手数料)をもらい、収入の柱にしている人がいます。たとえば、不要な保険、販売を禁止されている海外の生命保険、私募の海外ファンド、あるいは、海外不動産や未開の土地などです。

また、適法であって、顧客が求めている生命保険や投資信託、あるいは不動産などを扱う場合でも、その販売にかかわって手数料収入を得るようになると、FPは「より大きな手数料収入が得られるように、顧客を勧誘したい」という誘惑にさらされることになります。当然、顧客へのアドバイスの内容にも、金融商品などの選択にも影響を及ぼす可能性があります。

金融商品の販売にかかわって収入を得ることで、FPはこうした可能性があることを率直に認めるべきでしょうし、金融商品の販売にかかわっているのなら、少なくとも、顧客に事前に明らかにすべき事実でしょう。

次ページ「本来のFP業務では食えない」から、何でもOK?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT