テレビの「苦肉の策」にガッカリ感が募る理由

「チャンネルを変えさせまい」はバレている

「そこじゃない!」が視聴者の本音です(撮影:尾形文繁、田邉佳介、吉野純治)

ネットコンテンツの充実と録画機器の普及で、テレビ番組の視聴率は下がる一方。しかし、民放各局は「CMで広告収入を得る」というビジネスモデルを変えることなく、視聴率を上げるための工夫を続けています。

ただ視聴者にしてみれば、それらの工夫は「そこじゃないでしょ!」と言いたくなるものばかり。テレビ局サイドの事情が優先され、工夫というより「苦肉の策」という印象のものが多いのです。

「CMまたぎのあおり演出」にがっかり

苦肉の策の最たるものは、CMにかかわる演出。みなさんも一度は「CMまたぎ」、あるいは「あおり演出」という言葉を聞いたことがあるでしょう。CMに入る直前、「このあと、まさかの展開が」「衝撃の結末へ」「答えは〇秒後に!」などのナレーションやテロップで期待感をあおろうとする演出です。

しかし、ネット媒体の“釣りタイトル(見出し)”がそうであるように、「期待したほどのものではなくがっかりさせられた」「あおりが嫌で見るのをやめたくなる」という人がほとんど。また、CM直前に流した映像をCM明けに再び見せる、水増しのような演出をする番組が増えたことから視聴者の不満は募っていきました。「このままではスポンサーへの嫌悪感につながりかねない」だけに、「CMまたぎのあおり演出はオープニングだけにとどめる」など、頻度を減らす番組が見られるようになっています。

さらに、ここ数年で増えているのは、ドラマのタイアップCM。ドラマ本編からCMに入るとき、チャンネルを変えられないように、1本目のCMをスピンオフのようなショートドラマにしているのです。

次ページ「ステーションブレイクレス」とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT