テレビの「苦肉の策」にガッカリ感が募る理由

「チャンネルを変えさせまい」はバレている

「そこじゃない!」が視聴者の本音です(撮影:尾形文繁、田邉佳介、吉野純治)

ネットコンテンツの充実と録画機器の普及で、テレビ番組の視聴率は下がる一方。しかし、民放各局は「CMで広告収入を得る」というビジネスモデルを変えることなく、視聴率を上げるための工夫を続けています。

ただ視聴者にしてみれば、それらの工夫は「そこじゃないでしょ!」と言いたくなるものばかり。テレビ局サイドの事情が優先され、工夫というより「苦肉の策」という印象のものが多いのです。

「CMまたぎのあおり演出」にがっかり

苦肉の策の最たるものは、CMにかかわる演出。みなさんも一度は「CMまたぎ」、あるいは「あおり演出」という言葉を聞いたことがあるでしょう。CMに入る直前、「このあと、まさかの展開が」「衝撃の結末へ」「答えは〇秒後に!」などのナレーションやテロップで期待感をあおろうとする演出です。

しかし、ネット媒体の“釣りタイトル(見出し)”がそうであるように、「期待したほどのものではなくがっかりさせられた」「あおりが嫌で見るのをやめたくなる」という人がほとんど。また、CM直前に流した映像をCM明けに再び見せる、水増しのような演出をする番組が増えたことから視聴者の不満は募っていきました。「このままではスポンサーへの嫌悪感につながりかねない」だけに、「CMまたぎのあおり演出はオープニングだけにとどめる」など、頻度を減らす番組が見られるようになっています。

さらに、ここ数年で増えているのは、ドラマのタイアップCM。ドラマ本編からCMに入るとき、チャンネルを変えられないように、1本目のCMをスピンオフのようなショートドラマにしているのです。

次ページ「ステーションブレイクレス」とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT