習近平がイヴァンカ夫妻招待に熱心な理由

対米外交勝利を演出して内政固めか

ニューヨークの元検察官で、当時、UCLAの総括的な指導教授が筆者にこう言った。白人至上主義の西部より、人種のるつぼの東部に移るべきだ。なぜなら、ニューヨークでは、競争が厳しくなることは確かだが、日本人のキミが成功する確率は高い、と。

それは、筆者がその後身をもって体験したことだが、その人種差別主義の存在と実態を、恩師が筆者に与えたアドバイスと同じように、もし習政権がしっかりつかんでいるとすれば、その調査力は見上げたものだ。

ハリウッドには、スキャンダルが多い。その内容もおカネのいざこざを含め千差万別だ。ハリウッドのメディアはそれで潤っているところがある。そんなスキャンダルの嵐に、ワンダグループが巻き込まれないとは言い切れない。その余波は習氏に及ばないとも限らない。なにしろ王氏は習氏と親しいと公言していたのだから。

習政権は、盤石な権力体制を築くべく、党内の規律強化、腐敗撲滅、粛清を強力に進めている。ハリウッドのスキャンダルに巻き込まれて、熾烈な権力闘争において足を引っ張られては元も子もない。それは断固として避けなければならない。

米メディアには自己批判能力がない

ハリウッドの白人至上主義は米メディアにも根強い。そのことは前述したが、ハリウッドのメディアには、どういうわけか、自己批判能力が乏しいと筆者はみている。自ら白人至上主義者であることなど、まったく追及しようとしない。

トランプ大統領を白人至上主義者として強く批判するとか、あるいは人種差別主義者として鋭く追及するくせに、自らについての追及は、いっさい行わないのだ。

トランプ氏のメディア嫌いは、そんなところにも根差している。メディアを痛烈にやっつけるトランプ氏は、間違いなくメディアの敵であり、メディアをまったく信用していないトランプ氏とは、まるで「水と油」だ。これでは、いつまで経っても平行線のままだ。その事実関係も、習氏は調査・分析済みかもしれない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT