習近平がイヴァンカ夫妻招待に熱心な理由

対米外交勝利を演出して内政固めか

習主席が知米派の国際人である証拠は、1985年に河北省の役人として、米国の姉妹州であるアイオワ州に研修で滞在し、そのとき米国人宅にホームステイしたことだ。習氏は副主席時代の2012年に、そのホームステイ先を再訪し、旧交を温めた。

実は、そんな習氏とアイオワ州との因縁を承知のうえで、トランプ大統領は習氏と「30年来の旧友」であるアイオワ州知事を、北京駐在の米国大使に任命している。トランプ大統領以前の歴代大統領は、北京駐在の米国大使には、大統領と直結した国務省の超エリートを赴任させていた。米大統領と直接会談せずとも、北京の米国大使を呼べば、事が済んだ。

トランプ大統領の場合は、まったくそうはいかない。習氏との旧友が大使になったとはいえ、その大使がトランプ大統領とツーカーというわけにはいかない。習氏はそのことを思い知ったに違いない。トランプ氏とは「直談判しかない」と。

トランプ氏が大統領になると決まった昨年11月初め以降、習氏はトランプ氏の物の見方、考え方について、周到な調査に乗り出したと思われる。その成果は4月の米中トップ会談でも生かされた。

「ハリウッド爆買いをやめよ」という指令

その周到な調査による判断結果と思われる動きとして、中国の不動産大手、大連万達集団(ワンダグループ)の王健林董事長に対して、習氏がはっきり距離を置くようになったという事実がある。

ワンダグループは、米国ハリウッドの映画館チェーンや制作会社を次々に買収し、その一方で、中国の青島に巨大映画プロジェクトを立ち上げ、そこを「東のハリウッド」にするという野心を抱いていた。

そのワンダグループによるハリウッド買収の勢いは華々しく、昨年末ぐらいまでその勢いは数年続いた。王健林氏にとっては、習主席との関係が近いことが、ハリウッドでの派手なM&Aのテコになっていた。だが、今年1~3月から、その勢いはパッタリ途絶えた。

この7月には、ホテルとテーマパークの大半を売却すると発表した。売却額は約1兆円に上る。その全額を借入金返済に充てるという。6月に中国当局がエンターテインメント業界へのカネの流れを抑えるように、大手銀行に通達を出したからだ。

端的に言って「ハリウッド爆買いをやめよ」と指令したのだ。そのターゲットがワンダグループだった。このワンダグループなど中国資本による「ハリウッド爆買い」については、米国内で賛否両論があった。

次ページバノン氏は中国に批判的だった
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT