「ギリギリOK」の線引きで議論は好転する

「ありきたり意見」しか出ない会議が変わる

博報堂式打ち合わせテーマの広げ方とは?(写真:Ushico / PIXTA)
斬新なアイデアが出ない、と会議が膠着状態に陥ることはありませんか? 常識や固定観念にとらわれ、「このアイデアは本題と関係ないだろう」「こんなアイデアはさすがにありえない」などと、無意識に頭の中で取捨選択した結果、みな無言になったり、ありきたりな案に落ち着いたりしがちです。
そんなときに「必要なのは議論の拡散だ」というのは、博報堂でコンサルタントを務め、『博報堂のすごい打ち合わせ』の執筆にもかかわった岡田庄生氏。ただの雑談とは一線を画す、アイデアが生まれる打ち合わせのやり方について、教えていただきます。

 

前回の記事で、新しい発想を生み出すための打ち合わせには「拡散」が必要である、とご説明しました。でも「議論を拡散してしまうと収拾がつかなくなるのでは?」と疑問に感じる読者も多いかもしれません。

いくら拡散が大事だといっても、やみくもに話題をあちこちに振ればよいわけではありません。限られた時間の中で、効率的に拡散と収束を行うためには、テーマの“広げ方”が重要になります。

そこで、私たちが意識しているテーマの広げ方について、「円」をモチーフに説明してみたいと思います。

初めに、打ち合わせの「論点」を明確にする

博報堂では、拡散することを「360度広げて考える」という言葉で表現することがあります。

アイデアを広げる作業は、円を描く作業に似ています。円には、「中心点」と「円周」があります。この2つの言葉を打ち合わせに当てはめてみると、中心点は「打ち合わせの論点」、円周は「アイデアの境界線」ということになります。 

この2つがきれいに描けると、参加者が自由にアイデアを広げやすく、収束もしやすくなるのです。「打ち合わせの論点」と「アイデアの境界線」について、具体的な事例を使って説明してみましょう。

次ページふさわしい「論点」を設定する
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 買わない生活
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT