「ギリギリOK」の線引きで議論は好転する

「ありきたり意見」しか出ない会議が変わる

ここで大事なのは、表面的なアイデアの良しあしではなく、「それぞれの案の裏には、どのようなコンセプトがあるのか?」という点です。

アイデアの裏側には、それぞれが考えた「狙い」があります。たとえばこの場合、Cさんの「会社に本棚を置く」というアイデアの裏には、「本を持ってくることで、その人の仕事以外の『オフ』の趣味や関心事がわかると、話しかけやすくなる」という「狙い」があったとします。

よって、Cさんのコンセプトは「人となりを知る」ということであって、本棚というアイデアはあくまで手法にすぎません。

「コンセプト」レベルで選ぶ

『博報堂のすごい打ち合わせ』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

今回のテーマが「社員の団結力を高める」ということでしたので、そのような視点で考えると、ボーリングやBBQに行くだけよりも、Cさんの案のほうが効果的かもしれません。さらに言えば、「本棚を置く」以外にも、人となりがわかるアイデアはまだまだありそうです。

Cさんのコンセプトを生かしつつ、あらためて、もう一度このコンセプトの元で考えてみると、「過去の失敗スピーチコンテスト」「小学校の卒業文集披露」など、さまざまなアイデアを拡散することができます。しかも、「人となりを知る」という中心点が共有されているので、どれだけ拡散しても速やかに収束することができます。

このように、アイデアを表面的に選ぶのではなく、「コンセプト」レベルで選ぶことが、効率的に拡散するためのコツです。

具体的なアイデアと、抽象的なコンセプトを行き来する発想法は、博報堂の打ち合わせの基本的なルールです。特に、1回目のアイデア出しの打ち合わせで重要なのは、アイデアそのものではなく、「コンセプトを決める」という共通認識を持って行うことです。ですので、話す側も聞く側も、「アイデア」と「コンセプト」を分けて考えながら会話をするようにしているのです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 白馬通年リゾートへの道
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング