「マナーの悪い外国人観光客」を冷静に考える

「観光税」と「行政対応」のセットで対処しよう

確かにマナーの悪い人もいますが、冷静かつ現実的に考えていくことが大切です(写真:gandhi / PIXTA)
『新・観光立国論』が6万部のベストセラーとなり、山本七平賞も受賞したデービッド・アトキンソン氏。
安倍晋三首相肝いりの「明日の日本を支える観光ビジョン構想会議」委員や「日本政府観光局」特別顧問としても活躍している彼が、渾身のデータ分析と現場での実践とを基に著した『世界一訪れたい日本のつくりかた』は、発売1カ月で2万部を超えるベストセラーとなっている。
本連載では、訪日観光客が2400万人を超え、新たなフェーズに入りつつある日本の観光をさらに発展させ、「本当の観光大国」の仲間入りを果たすために必要な取り組みをご紹介していく。

外国人観光客のマナーについて考えてみる

『世界一訪れたい日本のつくりかた』は2万部を超えるベストセラーとなっている(書影をクリックするとアマゾンのページにジャンプします)

これまで本連載では、日本の「観光」には大きなポテンシャルがあり、それを引き出すためには何をすべきかを紹介してきました。

今回は「観光」を論じるうえで避けることのできない「外国人観光客のマナー」について考えてみたいと思います。

という書き出しで、筆を進めようとしていたまさにその時、東洋経済オンラインでミセス・パンプキン氏の「日本人の『外国人観光客への偏見』が酷すぎる」という記事が配信されました。

内容については個人の主張・見解ですので、私が特に言及することはありませんが、記事の反応について驚くようなことがありました。

それは、「コメント欄」がすさまじく荒れていたことです。

私の記事も批判的な意見を頂戴することが多いのですが、パンプキン氏の記事はそれを凌駕するほど批判的な意見、氏の考え方を全否定するような意見で埋め尽くされていたのです。

いったい、あの記事の何に読者は怒りを感じているのかと、コメント内容をざっと読んでみると、ある非常に興味深い傾向が見えてきました。

次ページ「興味深い傾向」とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。