あちらこちらに「バブルのサイン」が出ている

カリスマ投資家は株以外もしっかり見ている

【8月18日 金曜日】午前5時半、日経225先物は、200円安の1万9480円、NYダウは、274ドル安の2万1750ドルと大幅安。3カ月ぶりの下げ幅。政治混乱やスペインのバルセロナでのテロを嫌気した。みずほフィナンシャルグループを188円で500株打診買い。ワタミが逆行高、81円高の1507円。8月14日引け後に発表した平成30年3月期第1四半期決算が回復していることを好感した買いと信用売りの買い戻し(信用倍率0.12倍)の買いで大幅高したようだ。日経平均は、232円安の1万9470円。

バブルのサインが出ている!

仮想通貨ビットコインは、8カ月で約5倍になったそうだ。今年の1月時点では、1BTC(ビットコイン)10万円前後で取引されていて、8月15日午後には、50万円台を付けた。また、サッカーでは、ネイマール選手のパリ・サンジェルマン(PSG)への移籍金が、2億2200万ユーロ(約286億4000万円)で、年棒や代理人を務める父親へのボーナスを含めると総額5億ユーロ(約645億1000万円)になるそうだ。さらに、先月、北海道苫小牧市で行われた競走馬のセリ市場(セレクトセール)では、2日間の落札総額は 173億2700万円で、昨年を16%も上回る過去最高で、1日の売却総額、売却率が史上最高を記録したそうだ。

そして、8月14日の日経朝刊では、100年以上前に欧州などで発行されたアンティークコインの価格が高騰しており、1839年に英国で発行された「ウナとライオン」と呼ばれる金貨は、2012年に1枚6万ドル(660万円)程度だったが、2016年は、34万7000ドル(3800万円)程度に高騰しているそうだ。以上、4つの事象を上げたが、あちこちにバブルのサインが出ているようだな。

【8月19日 土曜日】午前5時半、日経225先物は、20円高の1万9460円。NYダウは、76ドル安の2万1674ドル。

【8月21日 月曜日】ワタミが80円高(5.32%)の1587円と逆行高で年初来高値更新。こんなに上がってくると売りたくなってしまうな。日経平均は、77円安の1万9393円と4日続落。

【8月22日 火曜日】午前5時半、日経225先物は、20円安の1万9340円、NYダウは、29ドル高の2万1703ドル。9時56分、ワタミは、32円高の1619円の年初来高値を更新したが、引けでは1587円の変わらずと行って来いの動き。日経平均は、9円安の1万9383円と5日続落。

【8月23日 水曜日】午前5時半、日経225先物は、140円高の1万9480円、NYダウは、196ドル高の2万1899ドルと4カ月ぶりの上げ幅。税制改革に期待。日経平均は、50円高の1万9434円と6日ぶりの反発となったが、伸び悩み反発力は弱い。

次ページ9月までにすべき大事なこと、忘れてませんか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT