判明!ヨーカ堂新浦安店を買った会社の正体

隣地では大規模開発プロジェクトを実施中

2016年7月、突如閉店が発表されたイトーヨーカドー新浦安店。跡地を買ったのは誰だったのか(2016年8月、編集部撮影)

マンションが建ち並ぶ新浦安埋め立て地のど真ん中、「イトーヨーカドー新浦安店」の跡地を買ったのは、誰なのかーー。

地元住民が気にしていたこの土地を142億円で取得したのは、不動産ディベロッパー大手スターツコーポレーションのグループ会社だったことが、東洋経済が調べた登記簿の内容で明らかになった。

買ったのはスターツだった

この場所は2000年10月からイトーヨーカドー新浦安店が営業。不動産、建物を2004年7月に森トラスト総合リート投資法人に売却し、賃貸借契約を結んで運営していた。

新浦安店は5階建てで建物の床面積が5.7万平方メートル、1280台収容可能な大型の駐車場を抱えるなど、この地域有数の大型店舗だ。そのうえ、周辺にはホームセンター「ケーヨーデイツー新浦安店」、家電量販店「ケーズデンキ新浦安店」や「トイザらス・ベビーザらス 新浦安店」が立地し、このエリアの中核になっていた商業施設だ。

運営元のセブン&アイ・ホールディングスは、2016年3月に事業構造改革として、収益改善が見込めないイトーヨーカ堂の店舗について今後5年で40店舗を閉鎖すると公表、そのうち20店については2016年度中に閉鎖すると明らかにした。

この流れの中で、新浦安店も建物と不動産を保有する森トラスト総合リート投資法人に昨年7月下旬に解約を申し入れていた。

その後、計画通りに今年5月28日にイトーヨーカドー新浦安店は閉店したが、地元の強い要請を受け、6月28日から規模を縮小した「イトーヨーカドー食品館」として再出店。「いつまで営業するかは未定」(セブン&アイHD)ながら、食料品の専門店として細々と営業を続けている。

こうした閉店のゴタゴタを尻目に、森トラスト総合リート投資法人はこの5月、「7月末に142億円で売却が決まった」と公表。この時点で譲渡先は非公表とされたが、今回登記された内容によりスターツのグループ会社が買収したことが明らかになった。

次ページスターツは一体どうするのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT