ヨーカ堂、「ハトマーク」でも浮上しない業績

約12年ぶり復活、セブン&アイのロゴと同居

東京・上板橋店の大型看板。ハトのマークとセブン&アイのマークが同居する(記者撮影)

約12年ぶりにあのマークがひっそりと復活していた――。

セブン&アイ・ホールディングス傘下で総合スーパー(GMS)を運営するイトーヨーカ堂は今年度に入った2017年3月以降、かつて使用していたハトマークの大型看板を一部の店舗で復活させている。

7月20日時点でセブン&アイは記者の取材に対し、大森店(東京都)、武蔵小杉駅前店(神奈川県)、上板橋店(東京都)、草加店(埼玉県)、沼津店(静岡県)、知多店(愛知県)の合計6店で看板の変更に踏み切ったことを明らかにした。(※初出時「上板橋店(同)」を「上板橋店(東京都)」に訂正します。7月22日、10:20)

社長就任時に変更を示唆

実際に足を運んで上板橋店の看板を見てみると、これまで4面がセブン&アイのマークだったのに対し、「2面がハト、2面がセブン&アイ」となっていた。今回の看板変更について会社側は「あくまで老朽化した看板のメンテナンスに伴う変更で、すぐさま全店に波及するわけではない」と説明する。

そもそも今回の変更に至るまでにはいくつかの伏線があった。2017年の年明けには、看板デザインに先駆けて、折り込みチラシの右下にあるロゴデザインがセブン&アイのマークからハトマークに替わった。

そして、3月には中国事業を長年引っ張ってきた三枝富博氏が社長に就任。三枝氏は3月に東洋経済が行ったインタビューで、「老朽店舗を改装するときに、グループ共通の(セブン&アイの)マークからハトのマークに替えるのには賛成だ」と述べるなど、看板のマークが変更されることを示唆していた。

次ページ1972年に登場したヨーカ堂の象徴
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT