セブン伊藤氏「ヨーカ堂閉鎖は粛々と進める」

創業家出身、初の決算会見で何を語ったか

6日に開かれたセブン&アイ・ホールディングスの決算会見。井阪隆一社長(左)とともに、初めて創業家出身の伊藤順朗常務が登壇した(撮影:今井康一)

4月6日に開かれたセブン&アイ・ホールディングスの2017年2月期の決算会見。コンビニ事業の動向や、総合スーパー(GMS)、百貨店の再建策などに関心が向かう中、ある人物が初めて会見の場に姿を現した。

伊藤順朗氏。グループの祖業であるイトーヨーカ堂の創業家・伊藤雅俊氏の二男であり、セブン&アイの常務執行役員を務める人物だ。

井阪隆一社長が報道陣の質問に答える中、会見開始から1時間が経過。それまで一言も発言しなかった伊藤常務だが、報道陣から今後の抱負を聞かれ、最後の最後でようやく言葉を発した。

「井阪社長はじめ経営陣全員で将来のことを語っている。社是に掲げている『信頼と誠実』をいかに実現していくか。お客様のニーズや世の中の変化が激しくなっている。それに対応でき続ける会社でありたいと思っている」。

経営推進室でグループ戦略を策定

伊藤常務は1990年にセブン-イレブン・ジャパンに入社。2009年にはセブン&アイの取締役に就き、CSR(企業の社会的責任)を統括してきた。2016年12月には執行役員から常務執行役員へと昇格。新設された経営推進室でグループ戦略の構築を担っており、今回初めて決算会見への登壇となった。昇格人事が発表された際、井阪社長は「(2016年10月に発表した)中期経営計画を一緒に作ってきた。これを推進し、リーダシップをとってもらうための人事」と述べていた。

伊藤氏の常務昇格と時を同じくして、鈴木敏文名誉顧問(前会長)の二男の鈴木康弘氏が取締役を辞任。長年グループを率いてきた鈴木名誉顧問の影響力が低下する一方で、創業家である伊藤家の存在感がじわじわと増してきていた。

次ページ年明けに発表された人事
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT