セブン伊藤氏「ヨーカ堂閉鎖は粛々と進める」

創業家出身、初の決算会見で何を語ったか

6日に開かれたセブン&アイ・ホールディングスの決算会見。井阪隆一社長(左)とともに、初めて創業家出身の伊藤順朗常務が登壇した(撮影:今井康一)

4月6日に開かれたセブン&アイ・ホールディングスの2017年2月期の決算会見。コンビニ事業の動向や、総合スーパー(GMS)、百貨店の再建策などに関心が向かう中、ある人物が初めて会見の場に姿を現した。

伊藤順朗氏。グループの祖業であるイトーヨーカ堂の創業家・伊藤雅俊氏の二男であり、セブン&アイの常務執行役員を務める人物だ。

井阪隆一社長が報道陣の質問に答える中、会見開始から1時間が経過。それまで一言も発言しなかった伊藤常務だが、報道陣から今後の抱負を聞かれ、最後の最後でようやく言葉を発した。

「井阪社長はじめ経営陣全員で将来のことを語っている。社是に掲げている『信頼と誠実』をいかに実現していくか。お客様のニーズや世の中の変化が激しくなっている。それに対応でき続ける会社でありたいと思っている」。

経営推進室でグループ戦略を策定

伊藤常務は1990年にセブン-イレブン・ジャパンに入社。2009年にはセブン&アイの取締役に就き、CSR(企業の社会的責任)を統括してきた。2016年12月には執行役員から常務執行役員へと昇格。新設された経営推進室でグループ戦略の構築を担っており、今回初めて決算会見への登壇となった。昇格人事が発表された際、井阪社長は「(2016年10月に発表した)中期経営計画を一緒に作ってきた。これを推進し、リーダシップをとってもらうための人事」と述べていた。

伊藤氏の常務昇格と時を同じくして、鈴木敏文名誉顧問(前会長)の二男の鈴木康弘氏が取締役を辞任。長年グループを率いてきた鈴木名誉顧問の影響力が低下する一方で、創業家である伊藤家の存在感がじわじわと増してきていた。

次ページ年明けに発表された人事
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT