セブン伊藤氏「ヨーカ堂閉鎖は粛々と進める」

創業家出身、初の決算会見で何を語ったか

セブン&アイの抱える経営課題の一つが、ヨーカ堂の再生であることは間違いない。ヨーカ堂再生は本当に可能なのか(撮影:今井康一)

伊藤常務はハトマーク復活について「マークを変えることではなく、中身を変えていくことが重要」であるとしたうえで、「長年培ってきた看板であり、それを大事にしたい社員たちの気持ちは強い。各店舗が新たなスタートしたときに変えていこうという方針を出している」と述べた。

「集う場所」としてGMSを再生

2016年度のヨーカ堂の営業利益は5200万円とわずかながら黒字を達成。前年度の139億円の営業赤字から大幅に改善したが、その中身は広告宣伝費など経費圧縮によるところが大きい。2017年度は40億円の黒字を見込むが、経費圧縮と同時に、既存店をいかに回復するかもポイントになる。

伊藤常務は既存店の立て直しについて、「地域におけるニーズは必ずある。Eコマースが発達して、リアルの店舗に来る方は減っていくかもしれないが、物販だけではなく、集う場所というGMSのあり方を模索したい」と語った。

1年前の決算会見のときは、前会長の鈴木敏文氏がトップ退任を電撃発表。そして、今回の決算会見の席には創業家出身の伊藤常務が座っていた。「自分が伊藤(家)だからということ考えていない。自分がほかの方と違うのは、中長期的に物事を見ながら、自分の組織の栄達よりも、会社の成長と安寧を願う要素が強いところだ」(伊藤常務)。グループ内で役割を増す伊藤常務の意向が、今後のセブン&アイの戦略を左右する局面もありそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT