牛肉の「輸入制限」が発動された本当の理由

14年ぶり発動だが、関係者はいたって冷静

中国は輸入の条件として牛に成長促進剤が含まれていないことや、生産履歴の追跡を求めている。だが、米国では成長促進剤を使用していない牛は1割程度といわれている。このため解禁後も、中国の輸入は急には拡大しないとの見方が多いのだ。

そもそも業者の間では、輸入を解禁する以前から、中国には米国産牛肉が流入しているとの見方が定説となっている。

(出所)USDA「Livestock,Dairy,and Poultry Outlook」

その根拠は香港だ。人口700万人ほどの香港が、年によっては日本の輸入量の6割を超える牛肉を米国から輸入している。

農畜産業振興機構は「香港の牛肉輸入量を単純に人口で除して1人当たりの年間消費量を算出すると、2014年は56キログラムとなる」「2015年に中国本土でブラジル産が解禁され、5万トン程度が輸入されたが、他方、香港でブラジル産の輸入が5万トン程度減少した」(畜産の情報2016年11月号)などと、中国本土に香港から牛肉が流入している可能性を指摘する。

米国産牛肉の輸入相場には、これまでも中国本土の需要がある程度織り込まれてきたと考えられる。

2013年の輸入急増が引き金

では、何が輸入量を押し上げた要因なのか。どうやら輸入冷凍牛肉の在庫サイクルが関係しているようだ。

BSEが発生するまでは、日本は毎年10万トン以上、年度によっては20万トンも米国から冷凍牛肉を輸入していた。輸入再開後、2007年ごろから徐々に輸入量を増やしたが、多くても年間5万トン程度までしか回復していなかった。

ところが、2013年度の輸入量は一挙に11.3万トンと前年度から倍増した。米国の干ばつで牛の供給が減少し、価格が高騰するとの見通しが強まったからだ。業者は調達を急ぎ、翌2014年度の輸入も10万トンを超えた。

(出所)財務省「貿易統計」

買えば上がる、買わないと将来値段が上がってしまって買えなくなるといったマネーゲームの様相を呈し、しまいには日本全体で必要量以上の在庫を抱えこんだという。

冷凍牛肉の賞味期限は2年で切れるため、在庫はそれまでに出荷する必要がある。この調整がようやく一段落したのは「昨年も暮れに近づいたころ」(ある輸入業者)。

そこに今年に入ってからは、外食消費の好調による需要の増加、高値が続く和牛や国産牛肉から輸入品へのシフト、中国解禁を巡る思惑買いも重なって、輸入量が増えていた。こうしたさまざまな要因が相まって、輸入量が発動基準量をわずかに上回ってしまったというのが真相のようだ。

次ページ関税よりも牛肉相場
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT