吉野家でたった6店にしかないメニューとは

「から揚げ丼」には大きなから揚げが4個

ちょっとカッコよくなった吉野家。カリスマ投資家の内田氏が見つけた、全国わずか6店でしか食べられないメニューとは?(筆者撮影)

連休明けに大きく上昇した日本株。「地政学リスク」が叫ばれたわりには、株価に影響はなかったわけだが、カリスマ投資家の内田衛氏はこの間、いたってマイペース。とはいえ、優待目的で保有の吉野家ホールディングスが買収したラーメン店に行き、リサーチも怠りなく。また吉野家にも行ってみたら、全店舗のうち、たった6店舗(5月7日時点)でしか提供されていないメニューを発見したのだった。そのメニューとは?カリスマ投資家の「株日記」を見てみよう。

リソー教育も吉野家HDも、年初来高値を更新!

この連載の一覧はコチラ

【4月24日(月)】先週末の日経225先物は、30円安の1万8620円。NYダウは、30ドル安の2万0547ドル。1ドルは109.10円、1ユーロ117.00円。9時5分、保有銘柄のリソー教育(4714)が、12円高の794円を付けて年初来高値更新。終値、782円変わらずと値を消したが、昨日まで7連騰。また、優待目的保有銘柄の吉野家ホールディングス(9861)も23円高の1789円で引け、年初来高値を更新。日経平均は255円高の1万8875円と大幅高。

【4月25日(火)】午前5時半、日経225先物は、10円安の1万8930円。NYダウは、216ドル高の2万0763ドルと大幅高。ナスダック指数は、73.30ポイント上がって、5983.82ポイントと年初来高値更新。11時、東レ子会社で繊維商社の蝶理(8014)が、2017 年3月期の期末配当予想の修正および2018 年3月期からの配当方針の変更に関するお知らせを発表した。

2017年3月期末配当を前回予想から2円増配し22円とし、中間配当18円と合わせて年40円となった。また、2018年3月期からの配当方針は、配当性向を20%から25%にするそうだ。昨年6月の株主総会に出席したとき、この日記にも書いたが、大株主の機関投資家が配当性向20%は低すぎるといっていたが、会社側もようやく配当性向を上げてきたようだ。

昨年の総会出席時の株価は、1300円台で安いと思っていたが、本日の終値は22円高の2000円と約1.5倍になっている。14時38分、リソー教育は、15円高の797円を付け連日の年初来高値を更新し、終値は、9円高の791円で昨日の「変わらず」を挟んで8日続伸。吉野家ホールディングスも13円高の1802円と連日での年初来高値を更新した。日経平均は、203円高の1万9079円と3日続伸で1万9000円台を回復した。

次ページ苦節4年4カ月、あのパン会社が復配!
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT