吉野家、650円の「ベジ牛」は"あり"なのか

日本株は梅雨入り?それとも再浮上?

吉野家の吉牛のベジ牛650円。なかなかのものだった。ちなみに「ベジ丼」は530円
日経平均株価は27年ぶりの12連騰を演じた後に急落。「セルインメイ!」と宣言して早めに持ち株の一部を処分したカリスマ投資家の内田衛氏だったが、なんと売った双日は大幅上昇。だが、それでめげないのがカリスマ投資家。吉牛の新商品を味見しながら、東芝株でしっかり「リベンジ」していたのだった。この後の内田氏の相場観は?いつものように、株日記とともに参考にされたい。

ヤマダが泣いたら、コジマは笑う!?

この連載の一覧はコチラ

【5月25日(月)】ヤマダ電機(9831)が、5月末までに40店舗以上を完全閉鎖(主に郊外店)するとの報道。ヤマダ電機終値は、9円高の534円。優待目的保有で、ビックカメラ子会社のコジマ(7513)は、6円高の336円と小幅高。コジマの店舗は主に郊外にあるので、ヤマダ電機撤退は、ライバルが減り残存者メリットを受けるので、他力本願ではあるが、コジマにとってはプラス材料。14時28分、茨城県南部に震度5弱と大きな地震。このところ、噴火や地震などの自然現象が頻発しており、注意が必要だ。日経平均株価は、149円高の2万413円と7日続伸。

【5月26日(火)】NY市場は、メモリアルデーで休場。1ドルが123円台に下落し、7年10ヵ月ぶりの安値水準。日経平均は、23円高の2万0437円と8日続伸。

【5月27日(水)】午前3時、日経225先物は、130円安の2万340円。NYダウは、190ドル安の1万8041ドルと反落。利上げ観測とドル高が重荷。

あー!「セルインメイ」(5月に売れ!)で4月17日に220円で売った双日(2768)が、あー!14円高の320円と大幅高。売ってから1カ月10日で100円も上がってしまったぁ~。セルインメイ失敗で、売ってから株価は本調子!昨年10月に平均買値161.2円で3万株買ったのだが、7ヵ月でほぼ2倍。当時の日記にも書いたが、220円でもまだまだ割安だと思っていたのに悔しーい!優待保有銘柄のコジマは、12円高の351円とジリジリ上がってきた。日経平均は、35円高の2万0472円とまさかの9連騰。

次ページセルインメイは失敗!だが「あの株」で夏のボーナス!
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT