ついに日経平均はバブル状態に入った?

東芝やシャープが急落しても関係ない!?

東芝は不正会計処理で決算延期。田中久雄社長は説明に追われたが、日経平均はスルスルと上昇中だ(撮影:尾形文繁)

日経平均株価は、2万円手前でうろうろするのかと思っていたら、あれよあれよという間に2万0500円台を突破するなど、スルスルと上昇。カリスマ投資家の内田衛氏は、この間相場とどう向き合っていたのか。いつものように投資日記」で振り返ってみよう。

東芝&シャープショック?でも日経平均は大幅高

この連載の一覧はコチラ

【5月11日(月)】5月8日に業績予想の未定への修正と2015年3月期末配当の無配を発表した東芝(6502)が、80円(16.55%)ストップ安の403.3円。また、資本金1億円に減資と報道されたシャープ(6753)も、80円ストップ安の178円で寄り付き、終値は68円安(26.35%)の190円と大暴落。東芝&シャープショック?だが、日経平均株価は、米4月雇用者数が予想を上回り、NYダウの大幅高(267ドル高)を受けて、241円高の1万9620円と続伸。

【5月12日(火)】NYダウは、ギリシャ離脱観測高まり、85ドル安の1万8105ドルと3日ぶり反落。昨日、80円ストップ安の東芝が売り気配スタート。9時6分、23.3円安の380円で寄り付いたところを5万株買う。9時15分に375.2円の安値を付けたが、大引けでは2.6円安の400.7円。出来高4億2488万1000株と第1位。30年間株式投資をしてきて、本日初めて「大チョンボした」東芝株を買う。日本を代表する銘柄がこのようなことになるなんて、本当に珍しい。

NYクリスティーズ競売で、1955年に描いたピカソの絵画「アルジェの女たち」が史上最高値215億円(約1億7900万ドル)で落札された。落札者は明らかにされていないそうだ。今がバブルかどうかわからないが、バブル時によくあるニュースとして、これは一つのバブルのサインか?

【5月13日(水)】午前3時、日経225先物は、150円安の1万9520円。NYダウは、36ドル安の1万8068ドルと小反落。東芝が、22.1円高の422.8円とリバウンド。

日経平均は、130円ほど安い場面もあったが、139円高の1万9764円と4日続伸。23時45分、東芝より開示情報発表。「現時点で判明している過年度修正額見込みは、2011年度から2013年度までの累計の営業利益ベースでマイナス500億円強を見込む」ということだった。

この期間の営業利益の合計額6917億円の1割弱であるし、15年3月期の営業利益は前期比13%増の3300億円と25年ぶりの最高の予想だった。この程度の修正で終わってくれれば、株価は元に戻るのではないかと期待。言葉は悪いが、東芝は「腐っても鯛」銘柄。

次ページ思ったとおり、東芝で「巨額の含み益」
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT